はしご湯のすすめ大分県の温泉


別府温泉 ホテル白菊 別府温泉 ホテル白菊

別府市上田の湯町16-36
TEL(0977)21-2111
12時30分〜16時
800円+タオル代200円(持込不可)

訪問:05年3月

■(供給口)貯泉槽/アルカリ性単純温泉(Na-HCO3・Cl)
■貯泉槽/単純温泉(Na-HCO3・Cl)
→詳しい成分内容はページの下


青山通に面した大型観光ホテルです。表玄関前には緑豊かに枝を広げる巨木があり、なかなか良い印象です。浴室は「楠湯殿」と「菊湯殿」の二箇所あり男女入替え制のようで、訪問時は「楠湯殿」が女性用でした。楠湯殿は脱衣所からして広々、内湯も広々、露天風呂も広々でビックリしてしまいます。さらに驚いたのが、先客が誰一人いなかった事!この広々浴場を独り占めなんて、滅多にある事ではありません。

まずは内湯ですが、ちょっぴり南国チックな中に、十数人は入られそうな巨大タイル浴槽がひとつあります。湯口より熱めの湯が流し込まれ、浴槽内で適温。続く露天風呂も数十人入られる巨大さで、こちらも二箇所の湯口より熱めの湯が流し込まれ、浴槽内で適温。湯は内湯、露天風呂ともに緑がかった透明に見えたけれどタイルの所為?吸い込み口らしき箇所有り。内湯では薬品っぽいツンとした刺激臭(湯口では感じられず)。それにしたって、浴槽が大き過ぎて、貧乏性の私には、まったく落ち着く事ができませんでした。あっちへウロウロ、こっちへウロウロ。必要以上に動き回ってしまいます。備品はシャンプー、リンス、ボディソープ、ドライヤー、クシ、湯上がりの冷たいお茶もありました。雰囲気的にも女性向きかな??
(05年3月)

(まぐぞー)



楠湯殿 内湯


別の角度から


湯口



楠湯殿 露天風呂


もう一枚


湯口

■(供給口)貯泉槽/アルカリ性単純温泉(Na-HCO3・Cl)/41.8℃ pH=8.5 溶存物質計=928mg Li=1.2mg Na=175.2(67.56mv%) K=16.4 Mg=14.1(10.29) Ca=38.2(16.90) Cl=102.7(26.62) SO4=64.2 HCO3=344.4(51.87) CO3=30.0 Br=0.3 H2SiO3=141.6 CO2=27.5 As=0.1 (H16.9.279)
■貯泉槽/単純温泉(Na-HCO3・Cl)/52.5℃ pH=8.2 溶存物質計=974mg Li=1.3mg Na=169.9(67.80mv%) K=16.3 Mg=14.7 Ca=34.0(15.56) Cl=104.1(26.45) SO4=60.9 HCO3=420.6(62.09) Br=0.3 H2SiO3=151.4 CO2=16.5 As=0.2 (H16.9.27)/※以上2枚の分析掲示、使用内容は不明


はしご湯のすすめ大分県の温泉