はしご湯のすすめ静岡県の温泉


網代温泉 平鶴 網代温泉 平鶴

熱海市下多賀493
TEL(0557)67-2221
11時〜16時、18時〜20時/1050円

訪問:05年2月

■網代1号源泉(男性脱衣所に掲示)/カルシウム・ナトリウム-塩化物泉
■下多賀1号泉(女性浴室入口扉横に掲示)/カルシウム・ナトリウム-塩化物泉
→詳しい成分内容はページの下


熱海温泉からほど近い所に網代温泉がある。因に網代温泉も熱海市。海岸を通り海を眺められる国道135沿いに「平鶴」はある。大型のお宿で宿泊は当然ながら立寄り入湯、国道を通過する観光客相手のレストランも営業している。雑誌付録の無料パスポートで立寄り利用させて頂いた。土曜日の19時すぎの訪問で男性浴室は入場制限がでる賑わい振り。10分ほど待ってようやくお風呂へ。

内湯は20人ほどが入れる長方形を二つ合わせたようなタイル張り浴槽。浴槽内には亀を型どった腰掛け用の置き物?がある。しばし、腰かけて浦島太郎の気分を味わう。鶴の口から源泉が10L/minちょいを浴槽へ落とし込んでの掛け流し。湯温は熱めの44℃。露天風呂へは裸のままでそのまま行ける。海に突き出た造りとなっていて目の前と真下が海というロケーション。石板合わせの8人は入れる長方形浴槽。お湯に浸かりながら波の音を聞いて、磯の香りを楽しんでいるとこのまま宿泊してしまいたい気分だ。源泉は竹筒の湯口より15L/minちょいの投入。露天風呂は42℃。露天風呂から眺める熱海の夜景が印象的であった。
(05年2月)

(三昧)


R135号沿い、熱海と伊東の間に位置する「平鶴」です。海岸沿いに立つ中規模観光旅館といった佇まいで、これまで何度も何度も目の前を通過しつつ、それまでは、まったく立寄りしようという思いがなく(立寄りできる事すら知らなかった)、今回、自遊人の無料パスポートで初めて訪問してみました。訪問日は連休の夕方、案の定といった感じで宿泊客&日帰り客で館内は大混雑です。

浴室は2箇所あり男女別。館内の混雑ぶりに反して、何故か女性浴室は空いていました。脱衣所を抜けるとまずは内湯があります。特に凝った造りでもない、御影石(?)を使ったシンプル浴室です。L字型の浴槽は3-4人程入られる普通浴部分と、2人程入られる腰湯部分とがあります。注ぎ込まれる湯はやや熱め。換気がいまいちなのか浴室内は物凄い湯気。

続く露天風呂は5人程入られる大きさ。「平鶴」御自慢とあって、目の前に広々と海が見渡せます。訪問時は夜だったので青い海原は見えなかったのですが、遠く熱海の夜景が見え、それは素晴らしいものがありました。また、浴槽すぐ下が波打ち際となっているので、寄せる波音がよく聞こえます。湯はほんのり白濁りのある透明湯、やや熱めで塩分が大変強い重い浴感です。口に含むと塩辛くエグミのあるもの。長湯はきびしい湯と思います。朝と夜に浴室が男女入れ替えとなるそうなので、宿泊すれば両方入られるようです。
(05年2月)

(まぐぞー)



雛人形が
迎えてくれました


浴場入口


掲示



男性内湯


カメがいます


男性露天風呂

■網代1号源泉(男性脱衣所に掲示)/カルシウム・ナトリウム-塩化物泉/61.8℃(使用59℃) pH=7.7 溶存物質計=8891mg Li=0.1mg Na=1681.0 K=18.7 Mg=24.9 Ca=1549.0 Sr=4.7 Mn=0.2 Fe2=0.1 F=0.4 Cl=5114.0 Br=17.7 I=0.2 SO4=428.4 HCO3=26.8 CO3=0.1 H2SiO3=22.0 HBO2=2.8 (S60.1.21)
■下多賀1号泉(女性浴室入口扉横に掲示)/カルシウム・ナトリウム-塩化物泉/62.2℃ pH=7.8 成分総計=7862mg Na=1498.0mg K=27.0 Mg=13.2 Ca=1331.0 Fe2=0.1 Cl=4508.0 Br=4.5 SO4=389.4 HCO3=29.2 I=0.7 H2SiO3=53.1 HBO2=2.5 CO2=4.8 (S60.3.12)


はしご湯のすすめ静岡県の温泉