はしご湯のすすめ長野県の温泉


下諏訪温泉 新湯 下諏訪温泉 新湯

下諏訪町3154-3
5時30分〜22時/220円

訪問:04年5月、12年1月

混合泉(旦過第1源湯60L、旦過第2源湯380L)/※温泉利用状況=全ての項目で該当しない


通り沿いにあり、周囲に溶け込んだ共同浴場の「新湯」です。銭湯風の外観で下諏訪の温泉を利用しています。最初駐車場がわからず、受付のおばちゃんに近くの町営駐車場の場所を教わった。早朝7時過ぎの訪問でしたが意外にも空いていました。

とても清潔感を感じるタイル張りの浴室は好印象。6-7人サイズの変形タイル浴槽が一つあります。湯口はライオン君、口からは8L/minほど浴槽へ吐き出しています。また、壁からは鉄管が突き出ており30L/minほどの源泉が浴槽の外へと実質捨てられています。湯は無色透明、弱薬品臭、ほぼ無味。なみなみと満たされている浴槽縁全体から勢いよくオーバーフローしています。浴槽湯で44℃と熱めに調整されて鮮度は抜群のコンディションでした。

洗い場のシャワー脇には「かけ流しはやめましょう」と面白い表現の掲示がありました。「シャワーの出しっぱはいけません」と言うことでしょう。因みに浴室壁には富士山の絵が描かれておりました。
(12年1月)

(三昧)


住宅や商店が並ぶ中央通り沿いに位置する共同浴場です。以前は温もりある茶色い外壁だったのですが、約8年ぶりに訪問したところ、いつの間にやら白と赤を基調としたアートな感じに塗り替えられていました。変ったのは外壁だけで、肝心の浴室は以前のままのような気がします。

浴室は「みなみ」や「菅野」と比べると、だいぶこぢんまりとしていて、タイル画の描かれた壁沿いに、長靴のような形の6〜7人タイル浴槽がひとつりあます。浴槽湯はライオン湯口より熱い源泉が投入される熱めの掛け流し、好みにより蛇口加水も可能。とても綺麗な無色透明湯は、湯面から心地よい温泉臭が香り、スッキリとした浸かり心地があります。下諏訪にしてはそれ程熱くなく(でもやっぱり熱い)、なにより浴槽からザンザン溢れ出しの大判振る舞い湯が嬉しいです。
(12年1月)

(まぐぞー)



男性脱衣所


男性浴室


別の角度から



湯口


もうひとつの湯は
捨てられていました


シャワーの事です



男性壁絵


女性浴室


04年外観


はしご湯のすすめ長野県の温泉