はしご湯のすすめ島根県の温泉


小浜温泉 小浜温泉

大田市温泉津町
16時〜20時30分/220円(洗髪は+60円)/月曜日休み

小浜温泉
含二酸化炭素-ナトリウム・カルシウム-塩化物泉
28.2℃ pH=6.1 成分総計=9400mg
Na=1700mg K=63 Mg=440 Mn=0.3 Fe=1.4 F=0.7 Cl=2500
SO4=947 HCO3=1200 HBO2=53 H2SiO3=110 CO2=2300
(S55.2.4)


温泉津駅から温泉街へ向う途中の道筋にある共同浴場です。こじんまりとした浴場は最近改築されたのか綺麗でピカピカ。石州瓦の連なる古びた町並みの中で一際目立ちます。

浴室は男女別に内湯がひとつづつ。改装以前より受け継がれているという蒲鉾型の浴槽がいい雰囲気。茶を帯びた深緑色の湯は、源泉温度が低い為ボイラー加熱をしているとの事。その所為か浴槽の下は冷たく、上が熱い二層状態となっていました。湯を大きくかき混ぜると適温となって丁度良いです。飲むとダシ塩味のする湯は贅沢にも掛け流し。浴室は換気の為か窓は開け放たれサラリと簾がかかるのみ。二酸化炭素に吸い寄せられてか?、蚊もプーンプーンと飛び回り、浴槽縁でボーッとしていたら、あちらこちらを刺されてしまった。

湯を沸かす音がコンコンコンコンと木鎚でも打ち鳴らすような音がするもんだから、最初誰かが大工仕事でもしているのかと思ってしまった。受付の奥さんがしきりに「うるさいでしょ?ごめんなさいね」と気にされていました。脱衣所には昔の広告が綺麗に保存されていて、こちらも一見の価値有り。温泉津温泉の湯について訪ねると源泉は元湯と震湯の二つとの事で、この小浜温泉は別物として考えられているようです。
(04年10月)


(まぐぞー)




小浜温泉 女性浴室


ここでお湯を温める


昔の広告が保管されていた


はしご湯のすすめ島根県の温泉