ホームへ戻る長野県リストへ戻る


鋼管鉱業蓼科温泉【石遊の湯】
茅野市北山5490-5
TEL(0266)77-2386
石遊の湯HP

立寄り時間
4月〜10月/9時〜21時(20時まで受付)
11月〜3月/11時〜20時(19時まで受付)
第1、3水曜日休み(祝日の場合は翌日)
8月、年末年始は無休
500円

(最終訪問:04年5月)
ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉
64.2℃(使用43℃) pH=6.9
160L/min 溶存物質計=3935mg
Na=1031mg K=129.9 Mg=54.8
Ca=92.0 Al=0.3 Mn=0.4
Fe2=3.9 F=0.2 Cl=1361 Br=3.8
I=0.9 HS=0.04 SO4=565.8
HCO3=443.8 H2SiO3=219.2
HBO2=27.9 HAsO3=0.2
CO2=59.1 H2S=0.06




「石遊の湯」と書き「いしやすのゆ」と読みます。施設内に掲示してあった案内によると、戦後の鉄鉱石需要が終わり鉱山跡地の有効活用という事で温泉を掘削したそうです。そして良質な源泉が湧出し、初めは自社用温泉として利用していたそうですが入浴施設を建設後一般に開放したようです。

建物は自然の中の緑溢れるなかにありマイナスイオンがしこたま浮遊してそう。お風呂は男女別の露天風呂のみになります、内湯はありません。持ち込み可能な無料休憩所もあります。浴槽はやはり鉱山跡地ということで岩や石で造られていて屋根付きの岩風呂風。パンフによると高温の源泉を加水せずに冷却し源泉100%で利用しているという。湯は無色透明、弱臭素臭、つるスベ感にアワも多少体に付着します。これといって特に目立った湯ではないですが結構な温まり具合がよろしい。浴槽内で吸い込み・排出ありの半循環。

(三昧)



石遊の湯
石造り露天風呂(女性)




石遊の湯 休憩室


「石遊の湯」は、あたりを木々に囲まれた自然豊かな温泉施設です。温泉施設といってもドーンと大きなセンター系ではなく、浴槽は露天風呂のみ。女性浴場は、脱衣室を出て少し歩くと、まずは石造りの円形露天風呂があります。ちょっとした洗い場、シャワールームもあります。そして一番奥に木造の長方形露天風呂がひとつ。この木造露天風呂が人気で、殆どの人がここで長湯をしていました。湯は無色透明、ツルツルとした浴感。訪問日は結構な雨降りだったのですが、それでも何人かのお客さんが訪れていました。露天風呂には屋根がかかっているので雨降りでも大丈夫ですが、やっぱりこういう浴場は晴の日がいいなぁ。露天風呂が主体で内湯が無いので寒い日は辛いかもしれない。別棟には休憩室も有りましたが誰も利用する人はなく、冷たい雨の所為もあって少々寂しい印象の温泉施設となってしまいました。

(まぐぞー)



ホームへ戻る長野県リストへ戻る