ホームへ戻る大分県リストへ戻る


へびん湯

立寄り時間
24時間/無料

(最終訪問:04年4月)


「別府にとても素晴らしい野湯がある」と、噂だけは聞いていた。けれどそれは沢沿いの山の中にあるらしく、レンタカーを借りぬ私には行かれないだろうと、端から諦めていた所。ところがラッキーな事に別府名人のAさん、Kさんの御好意により、なんと私も連れて行っていただける事に。感謝感激雨霰とは、まさにこの事です。

沢沿いに造られた「へびん湯」は、誰かが野の笹で造ったと思われる簡素な脱衣所がひとつ。脱衣所とは別にひと休みできる椅子も造られ、夜間の湯浴み用か?沢山の蝋燭も用意、掛け湯用の手桶も置かれていました。野湯とは思えぬ立派な石組み浴槽が4っつも並び、ありがちなゴミも一切なく、地元の方や利用者が本当にここを愛している事が伺えます。湯は無色透明、浴槽に温泉と沢水が注がれ、上ふたつの浴槽(タイトル横の画像)が適温、下ふたつが温めとなっていました。

なんと浴槽の上には桜が覆いかぶさるように枝をのばし、訪問時もポツリポツリとピンクの蕾を膨らませていました。私達と入れ違いに三脚を抱えた男性が来られたのですが「へびん湯」を見るなり、「別府の山の中に桜の見事な温泉があると聞いたけれど、本当にあったんだ‥」と感極まった様子。

「へびん湯」は、人の手と優しさにより、これからも大切に保護され受け継がれ行くのだと思います。この湯が何年先までも美しいままで残られるか否か、私達訪問者ひとりひとりの思いやりと優しさが試される湯ではないでしょうか。

(まぐぞー)



へびん湯 上段手前の浴槽




へびん湯 上段奥の浴槽




へびん湯 下段の浴槽ふたつ



周囲は鬱蒼とした樹木



簡素な脱衣所


ホームへ戻る大分県リストへ戻る





鍋山の湯(泥湯)

立寄り時間
24時間/無料

(最終訪問:04年4月)


へびん湯とともに別府名人Aさん、Kさんに連れて来ていただいた野湯です。明礬温泉奥のデコボコ道をドン突きまで進み、途中からは数分ばかり荒涼としたガレ場を歩きます。周囲は土の剥き出しとなった山肌に囲まれ、なんとも荒々しい景色。

ここ「鍋山の湯」には二箇所の浴槽ゾーンがあるらしく、一方は本来の「鍋山の湯」、もう一方が泥炭積もる「鍋山泥湯」と呼ばれているとか、いないとか。私達の訪問時、本来の「鍋山の湯」は先客が数人いたため断念、もう一方の「泥湯」で湯浴みをする事に。こちらも2名の先客様(男性)がおられたのですが、Aさんが入浴用のバスタオルを貸してくださり、さらに先客様に「女性が入りますので、少しだけ他所見ていていただけますか、すみません」と笑顔で一言断ってくださったおかげでスムーズに湯に入る事ができました。浴槽内に入ってしまえば完全な濁り湯なので大丈夫です。

「鍋山泥湯」は石組みの浴槽がふたつ並び、一方が熱めの泥湯、もう一方が温めの白濁湯となっています。基本は「泥」で湯と泥炭を楽しみ、最後の上がり湯として白濁湯に浸かるのだそう。浴槽に浸かってビックリしたのは、目の前に広がる景色の雄大さ。美しい山と別府湾広がっています。雄大な景色の中でまったくの自然の湯に浸かる、これ程の贅沢は滅多にあるものではありません。自然の恵みと、ここへ連れて来てくださったAさん、Kさんに感謝です。

ところで気になったのが、浴槽周辺にクマの糞みたいのがあった事。ここが本州であれば「今年はクマが多いから」で済むけれど、ここは九州。九州のクマといえば絶滅の噂も囁かれる。しかし、けれど、アノ糞は鹿でもなく、イノシシでもキツネでもなく、勿論犬、猫でもない。私の記憶の範囲で該当する動物は、やはりクマしかいない。その筋に詳しいお方、ぜひ一度調査していただきたいものです。

それと、もうひとつ、途中にあった立て看板が人為的にボコボコに破壊されていた事、そしてゴミが落ちていた事が気になります。ゴミはゴミを、破壊は破壊を呼びます。訪問者ひとりひとりが、この湯を大切にしなければ、先はありません。動物も訪れる自然豊かな野湯です。一握りの馬鹿に汚されるのだけは御勘弁願いたい。

(まぐぞー)




辺は荒涼としている



足元湧出の贅沢さ



茹で用の網もあった


ホームへ戻る大分県リストへ戻る