はしご湯のすすめ長野県の温泉


竜島温泉 せせらぎの湯 竜島温泉 せせらぎの湯

松本市波田3452
0263-94-1126
10時〜22時(受付21時)
月曜(祭日営業)・12月31日・1月1日休み
400円→510円

訪問:04年5月



奥飛騨温泉郷の帰り道に看板を見つけて立ち寄った日帰り温泉施設の「せせらぎの湯」。国道から脇道に入り進んだトコにある。ホントは立ち寄ろうか立ち寄らないか、と迷っていた。敷地内に温泉スタンドが設置してあり、そこにいた係の方に循環してるかしてないか?と聞いてみたら「循環なしだよ」との事。ということで入湯する事に。自販機で入湯券を購入する仕組み。男女別の内湯・露天風呂がそれぞれ一つずつある。

内湯はジャグジーでブクブク浴槽。ヌルすべ感があり、内湯浴槽は係の方の言葉に反しての循環利用されていました。露天風呂は木造りの5-6人がはいればいっぱいの広さです。屋根がけありの半露天風呂といった感じ。こちらは掛け流し利用。この露天風呂、人気が高いのか常に満員状態。湯の鮮度が非常に悪かったと記憶しています、源泉投入量もわずかなのでもうちょっと増やして欲しいとこです。温度は40℃ほどでした。館内は食堂や休憩所もあり半日ほどゆっくりするのにちょうどいいかと。
(04年5月)

(三昧)



上高地から新島々への途中にある日帰り温泉センターです。国道158号線から梓川を渡り、しばらく進んだ先にあります。夕方の訪問だったのですが、地元人気らしく結構な混み具合。館内には大きな畳敷き休憩室の他、食事処もありファミリーを中心に賑わっていました。

男女別の浴室は脱衣所を抜けるとまずは内湯です。10人程?入られそうな広々浴槽で、ジャグジーがブクブクと作動しています。浴槽内は循環使用、浴槽内より循環湯が投入されています。それとは別に浴槽角にある湯口からは源泉と思われる温めの湯が投入。その湯を口に含んでみると独特の微甘味がします。

続く露天風呂はこじんまりとした木造。掛け流し使用の深緑色がかった透明でツルツルとしたもの。浴槽底もツルツルとし大変滑りやすくなっていました。狭い浴槽にギツギツに湯浴み客が入っている為、湯は随分と汚れが目立ち、これではいくら掛け流しであっても循環の内湯の方が気持ち良く湯浴みができそうな程。もう少し湯量が多ければよかったのですが。備品はシャンプー、ボディソープ有り。お茶サービス有り。駐車場には温泉スタンドもあります。
(04年5月)

(まぐぞー)



竜島温泉(仮称) アルカリ性単純温泉(Na-SO4・HCO3型) 41.3℃ pH=9.0 115L/min(動力掘削) 溶存物質計=478.7mg Na=137.4mg(91.12mv%) K=1.1 Ca=10.5 F=19.2(15.31) Cl=14.6 OH=0.2 HS=0.3 SO4=142.5(45.01) HCO3=108.0(26.82) CO3=12.6 H2SiO3=28.2 HBO2=3.4 (H9.8.12)


はしご湯のすすめ長野県の温泉