はしご湯のすすめ大分県の温泉


旅館 豊山荘 旅館 豊山荘

別府市小倉4組
TEL(0977)21-8080
10時〜20時(土、休前日は〜15時まで)/300円

単純硫黄泉(硫化水素型)
95.6℃ pH=9.1 溶存物質計=965mg
Li=0.4mg Na=210.0(94.64mv%) K=14.8 NH4=0.2 Ca=1.4 F=2.0 Cl=16.2 SO4=283.0(63.33)
HCO3=85.4(15.04) CO3=87.0(15.58) HBO2=1.7 H2SiO3=263.0 HAsO2=0.1 H2S=4.5
(H16.1.28)

※循環なし、加温なし、加水なし、入浴剤・消毒剤使用なし


別府温泉本に「つるつる名湯」と紹介があり、気になって立寄る。館内はキレイで清潔感が漂い、印象が良い。お宿には数箇所にお風呂があるとの事だが、今回は内湯大浴場を利用した。1.6×3.5mの細長い浴槽は、総木造りのものでとても良い。浴槽にはほぼ無色透明の湯が満たされています。塩ビの湯口より、源泉が少量のみ投入されています。源泉は95.6℃と高温のため、投入量を絞って温度調整しているようです。無色透明、エグ味と弱タマゴ味の湯。とろんとろりん感覚と、確かにツルツルの浴感はありましたが個人的にはあまり感動はなし。熱交換などにより95.6℃の高温源泉を上手に冷まし、現在の少量ちょろちょろ投入から、少なくとも適量は投入してほしいところ。
(06年4月)

(三昧)



再訪しました。こぢんまりとした中に、女性好みしそうなインテリアを配した旅館「豊山荘」です。館内には貸切露天風呂、家族湯、貸切岩盤浴といろいろあるようですが、250円の立寄り料金で利用できるのは男女別内湯のみ??だとしても、旅館のお風呂を250円で利用できるとは、やはりお安いです。

男女別浴室には10人サイズの長方形木造内湯がひとつ。枠は勿論、底も木造でいい感じです。パイプより投入される湯は触るのも大変な激熱湯。その高温の為か、浴槽サイズに比べ圧倒的に投入量が少ない。それゆえか湯汚れも目立つ。浴槽内ではごくわずかな白濁りのあるほぼ無色透明適温湯。湯口で硫黄臭が漂い、一口含むと仄かなタマゴ味。なるほど確かにスベスベではあるものの、この鮮度はどうかと・・。安易にジャカジャカ加水しない方法は好感持てるも、熱交換するなりして、もうひと手間あるといいかもしんない。
(04年4月、06年4月)

(まぐぞー)




男性浴室


湯口(男性)


女性浴室



季節がら、桜が飾られていました


かわいい金魚鉢も置かれています


はしご湯のすすめ大分県の温泉