はしご湯のすすめ大分県の温泉


明礬温泉 旅館みどり荘 明礬温泉 旅館みどり荘

大分県別府市明礬7
0977-66-2012
8時〜20時(まで受付)
500円(内湯)・700円(露天風呂)/1時間1名

訪問:04年3月、13年4月

みどり荘温泉/酸性-単純硫黄泉(硫化水素型)/43.8℃ pH=2.7 溶存物質計=392mg H=2.0mg(48.65mv%) Na=12.2 K=4.7 Mg=3.8 Ca=10.3 Sr=0.1 Al=5.0 Fe2=1.8 Cl=2.9 S2O3=0.4 HSO4=12.9 SO4=191.0(94.76) H2SiO3=145.0 CO2=74.8 H2S=14.1(H21.10.14)/※温泉利用状況掲示=見当たらず


明礬にある温泉旅館の一つです。看板がなければ民家のようにも見えなくもありません。立ち寄りでは基本的にグループ単位での貸切風呂利用となります。3つの内湯と3つの露天風呂があり、その全てが貸切利用のようです。料金は内湯500円、露天風呂は700円との設定です。今回は内湯を貸切利用してみました。

浴室は通気良好な空間で快適です。木造の3人でゆったりサイズの湯船が一つあるのみです。湯は薄灰白濁、弱酸味、弱エグ味があり苦味はほとんどありません。湯面に鼻を寄せるとタマゴ臭が香っています。壁より突き出た塩ビ管より小量のみを源泉投入があります。浴槽温度は43℃ほど。家族水入らずで明礬温泉を楽しみたい人はどうぞ。
(13年4月)

(三昧)



明礬温泉にある、やや年季の入ったこぢんまりとした温泉旅館です。家族湯がウリなようで、表の看板にも目立つように書かれています。明礬温泉の目立つ位置にあるためか、引っ切り無しに入浴客が訪れています。

館内には内湯(500円)が3箇所、露天風呂(700円)が3箇所あるようで、全てが貸切利用です。当然のように500円の内湯を選択。スッキリとした石板ばりの浴室に、3人サイズの木造長方形浴槽がひとつ。湯口より熱い源泉を少量投入して、浴槽内適温の掛け流しです。グレーがかった白濁の湯はスベキシの混在した肌触りがあり、明礬独特の金属的(あまり強くない)味と、タマゴ臭がします。今回は約9年ぶりの再訪でしたが、湯や浴室等に特に変わりは無いようでした。
(13年4月)

(まぐぞー)




利用した浴室


別の角度から


浸かった様子


はしご湯のすすめ大分県の温泉