はしご湯のすすめ長野県の温泉


白骨温泉 ゑびすや 白骨温泉 ゑびすや

松本市安曇白骨温泉4206-2
0263-93-2031
10時〜17時/600円
→立ち寄り不可となりました

訪問:04年5月



人気の白骨温泉に寄りました。観光案内所にて立寄り可能な施設を調査後、いざ突撃!立寄りは「ゑびすや」さんにしました。休前日にもかかわらず訪問時は空いていました。浴室は10人ほど入れる長方形の内湯が一つ、内湯からそのまま行ける露天風呂が一つあります。内湯はなんというのか岩風呂といっていいのかのお風呂で浴槽縁には温泉成分の析出が棚田状態になっています。湯は完全な白濁り、マイルドな硫黄臭、つるスベの浴感。温めの為、まったりと静かに白濁湯を満喫することができました。露天風呂は大雨が急に降り出してきたため見学のみで断念。残念でした。
(04年5月)

(三昧)



ゴールデンウィークの白骨温泉は大変混んでいました。どこを見ても人・人・人。よほど帰ろうかと思いましたが、せっかくなので一湯だけでも浸かって行く事に。白骨温泉に入ってすぐの観光案内所にはお宿の立寄り情報が掲示されています。また、係の方がその場で混雑具合を確認してくれるので「今は◯◯旅館が空いていていいですよ」と教えてくれるのでとても助かります。係のおじさんのすすめにより「ゑびすや」へ行く事に。ゑびすやは温泉街の少し奥にある所為か、ひっそりとしていました。

男女別の浴室は、まず5人程入られそうな内湯がひとつ、岩のオブジェのような所から無色透明の湯が流し込まれています。浴槽内では白濁でスベスベとした浴感が気持ち良い。浴槽の周囲は析出物でゴチゴチになっていました。続く外には露天風呂もありましたが、訪問時は雨が酷く見学だけしました。私の後から入って来た方が、大雨の中ど根性で露天風呂に浸かっていましたが。備品はシャンプー、ボディソープ、ドライヤーと、必要なものは一通り揃っていました。あまりメジャーでない「ゑびすや」ですが、そのぶんゆっくり湯が楽しめました。
(04年5月)

(まぐぞー)




男性内湯


男性露天風呂


女性内湯


奥田源泉 含硫黄-カルシウム・マグネシウム・ナトリウム-炭酸水素塩泉(硫化水素型) pH=6.5 37.5L/min(自然湧出) 溶存物質計=1448mg Na=88.8mg(20.79mv%) K=28.7 Mg=50.5(22.40) Ca=194.8(52.34) Al=0.8 Mn=0.2 F=0.4 Cl=100.2(15.12) HS=4.9 HCO3=959.2(83.97) H2SiO3=13.9 HBO2=6.0 CO2=379.4 H2S=17.6 ※温泉利用状況=加水・加温・塩素消毒利用


はしご湯のすすめ長野県の温泉