はしご湯のすすめ長野県の温泉


霊泉寺温泉 松屋旅館 霊泉寺温泉 松屋旅館

上田市霊泉寺温泉2517
TEL(0268)44-2024
立寄り時間要問合せ/300円

訪問:04年5月

霊泉寺温泉/単純温泉(Ca-SO4型)/34.6℃ pH=8.4 500L/min(掘削動力) 溶存物質計=858.2mg Na=55.8mg(19.68mv%) K=1.1 Mg=0.7 Ca=196.9(79.59) F=0.9 Cl=34.4 NO3=1.8 SO4=525.4(89.15) HCO3=14.7 CO3=1.2 H2SiO3=25.3


お気に入りの霊泉寺温泉に再訪した。今回は「松屋」に寄らせて頂きました。静かな温泉街によく似合う佇まいです。立寄りをお願いすると女将さんに親切に対応して頂きました。浴室は二箇所にあって、3階の展望風呂、1階の内湯があります。今回は展望風呂に入湯する。展望風呂とあって周囲の山や緑を眺めながらの湯浴みです。タイル張りの2.5×2.5mの浴槽。湯は無色透明、とろみ感、湯口にて源泉そのまんまと加熱湯を混合して浴槽へ投入している。投入量は30L/minほど。浴槽縁からは湯が溢れています。一部加熱掛流しです。浴槽に体をどっぷりと沈め湯浴みをする。適温の41℃で心地良い。やはり霊泉寺の湯はいいいなあ。至福のひとときです。

1Fの内湯はこじんまりとした内湯です。展望風呂が旅館部としたら、こちらは湯治部の浴室といった感じ。こちらも湯口にて源泉そのまんまと加熱湯を混合して利用していました。また女将さんに霊泉寺温泉についてのお話も聞く事が出来ました。今現在は源泉を加熱して利用しているが、以前は適温で湧出していたらしい。しかし周辺の温泉地で過剰に温泉を掘削した為か源泉温度が下がってしまったという。最初500m掘削したが低温だったので600m掘削したらしい。その源泉が現在の松屋および周辺の宿で利用している。また共同浴場は町で更に新しく掘削した新源泉を利用していて半分は共同浴場、残りは温泉街の入口にある老人ホームで利用している。
(04年5月)

(三昧)


長閑で小さな温泉街、霊泉寺温泉にある素朴なお宿です。派手さのない田舎のお婆ちゃん家といった感じで、ゆっくり湯治滞在するにもよさそう。浴室は二箇所あり、3階の展望風呂と、1階の小浴場とがあります。どちらも内湯のみのシンプルな浴場で霊泉寺温泉の透明で優しい湯が満たされています。

私は女将のすすめで3階の展望風呂へ。ほどよい広さの浴室は大きくガラス窓がとられ、温泉街の家並みや、周囲の山々が見えます。特別高い位置というわけではないので「遥か遠くが見渡せる」という事ではないのですが、素朴な景色を眺めながらの湯浴みはなかなかです。浴室には四角いシンプルな浴槽がひとつ。源泉と加熱湯の混合が注ぎ込まれ、かけ流しとなっています。透明な湯はトロミがあり、とても優しい肌触り。湯温も適温〜温めといった具合で、静かに湯の流れ落ちる音だけを聞きながら長湯を楽しめます。

訪問時は他に湯浴み客がいなかったのですが、私と入れ替わりに女性がひとり入って来ました。手には単行本を一冊持って。湯に浸かるとパラパラと本をめくり、静かに読み始めます。人によっては浴槽内で読書なんてマナー違反!と怒る人もいるかもしれませんが、時間を気にせずのんびり読書しながらの湯浴みが、立寄り入浴の身の私にはなんとも羨ましく思えてしまいました。
(04年5月)

(まぐぞー)



男性浴室


女性浴室


男性小浴場


はしご湯のすすめ長野県の温泉