ホームへ戻る長野県リストへ戻る


中の湯温泉旅館
松本市安曇4467
TEL(0263)95-2407
中の湯温泉旅館HP

立寄り時間
12時〜17時/700円

(最終訪問:04年5月)
中の湯温泉旅館の湯
単純温泉
46.3℃ pH=7.87
蒸発残留物=146mg
Na=11.3mg K=0.8 Mg=1.1
Ca=20.7 Al=0.8 Mn=0.1 Fe2=0.5
Sr=0.2 Zn=0.4 F=0.5 Cl=1.1
HS=0.04 SO4=28.8 HCO3=58.6
H2Sio3=20.1 HBO2=0.3 CO2=5.4




信州秘湯会のスタンプGetも兼ねて立ち寄りした「中の湯温泉旅館」。以前に「中の湯温泉旅館」所有である「卜伝の湯」には浸かった事はあったがお宿自体は初訪問である。新しくきれいな造りのお宿。平成10年に現在の場所に移転したそう。安房トンネルの着工工事の為に移転。その為、源泉の質も変化してしまったそうです。しかし湯量は豊富で沢渡温泉に配湯しています。

お風呂は男女別にそれぞれ内湯が二つ、露天が一つあり。いたってごく普通のお風呂といった感じ、浴槽は42℃と41℃の二つ。湯は無色透明、弱キシすべの浴感で複雑な感じ。湯口では微硫黄臭もする、投入量は15L/min程。主立って特徴はないお湯ですが妙に心地良いです。露天風呂からは天気が良ければ穂高の山々を眺める事ができるらしい。また家族風呂もあって行ってみると浴室内が塩素臭が充満していた。

(三昧)



男性内湯




男性露天風呂



女性内湯




湯口

まだ新しい綺麗なお宿です。駐車場から少しばかり階段を上り辿り着くエントランスは広々としたガラス張りで、望遠鏡も置かれ周囲の木々を行き交う小鳥達の姿が見られました。山のリゾートホテルといった雰囲気です。

男女別の浴室は脱衣所からして広々、浴室は窓が大きくとられ開放感バツグン。浴槽はふたつあり、小さい方が熱い湯、大きい方が加水?の温湯となっています。無色透明キシキシ湯。外には露天風呂もあり、残雪光る斜面に顔を出す沢山のふきのとうが見えます。備品はシャンプー、ボディソープ、洗顔ソープ、ドライヤーと、必要なものは大体揃い、シャワーも使い勝手が良い。家族湯もあります。カランも温泉との事で、お湯が沢山あるのですね。難点をひとつあげれば塩素臭がツキイ事かな。湯浴み後は先程のエントランスでお茶をいただきながらひと休み。従業員の方も親切で、なかなか高感度の高い温泉旅館でした。

(まぐぞー)




女性露天風呂



家族湯



ロビー


ホームへ戻る長野県リストへ戻る