はしご湯のすすめ大分県の温泉


別府温泉 寿温泉 別府温泉 寿温泉

別府市楠町
8時30分〜12時、13時〜22時(22時から清掃)
毎月10日休み/100円

訪問:04年3月、08年1月

含炭酸アルカリ泉


前回訪れたときはちょうど定休日で残念でした。再訪してようやく入湯できた次第。楠町二区公民館を兼ねた共同浴場である。浴室にあった案内だと「大正からの建物は今でも健在」とある。脱衣所から浴室へ階段を数段下りていくのは別府に多い造り。浴室には、かなり使い込まれた3-4人サイズ、こじんまりしたタイル張り四角形浴槽がひとつあるだけ。この光景を見ているだけで満足ですが、やはり湯に浸かる事にしましょう。

薄く黄土濁り、薬っぽい香り、キシキシするお湯は43-44℃ほどはある。浴槽縁の切り込みより溢れ出しての掛け流し。湯坪では金気風味が漂います。鉄分が多めの温泉なのでしょう。じわじわぽかぽか温まる湯でありました。
(08年1月)

(三昧)


別府の盛り場の一角にあるレトロ風情満点の共同浴場です。女性浴室には蒲鉾型の3人サイズ浴槽があり、底から熱めの湯が注ぎこまれ、湯の通り道は茶色く染まっています。ほんのり黄土濁りを帯びた透明湯は、浴槽内でやや熱め、鮮度良好、ギシギシとした浴感があり、入浴中は土類をホワ〜ンと感じます。あがり湯もたぶん同じ湯と思うのですが、金気臭と金気風味。浴後は肌がガビガビタイプ。前回訪問時に御一緒した御婦人によると、子宝以外に美白にもいいらしい。

それにしても、共同浴場の周辺は飲み屋や風俗店が多く、商店街もすぐ近く。西川口(←これ、ポイント。歌舞伎町や長者町じゃないのだよ)に共同浴場があるみたいな感じだゾ。
(08年1月)

(まぐぞー)



男性浴室




女性浴室



蒲鉾型浴槽


お湯の通り道


脱衣所と「あがり湯」


はしご湯のすすめ大分県の温泉