はしご湯のすすめ長野県の温泉


みやま温泉 わくわくの湯 みやま温泉 わくわくの湯

下高井郡山ノ内町平穏821
0269-33-2260
10時〜21時(20時30分受付)
水曜休み
500円

訪問:03年10月



群馬側から志賀高原を通って国道292号線を中野方向に向うと、みやま温泉「わくわくの湯」がある。泉質が硫黄泉という情報で寄ってみた。新しめの施設で隣には「民宿・みやま」ある。どうやら民宿の経営で日帰り温泉施設の営業をしているそうだ。民宿への立寄りの可否は不明ですが、日帰り施設なら気軽に立寄りできます。内湯はなく露天風呂のみの施設。岩風呂風の浴槽で20人は入れる広さです。中央には僅かな屋根がけもあり。湯は無色透明、弱硫黄臭。とろとろ状の白い湯華が浮遊。当然ながら湯口より源泉が浴槽に投入されているのですが、浴槽に湯華が入らないようにネットで湯華を受けているのです。苦手な方もおられるのでしょうね。飲泉に挑戦しましたが源泉が激熱なので断念。感想としては源泉投入量を増やして欲しいです。
(03年10月)

(三昧)



渋温泉の帰りにたまたま目に付いたので最後の締にと立寄ってみました。日帰り専門の温泉施設なようで、まだ出来て間も無いのか建物はわりと綺麗。駅の改札のような機械に料金を入れると鉄棒のゲートがカシャンと開く仕組みです。男女別の浴場には内湯がなく石造りの露天風呂のみ。湯は無色透明の中に細かな白湯花が漂うもので、仄かに硫黄の臭いもします。投入湯はかなり熱く、気合い一発手に受け止め、そのまま急いで口に含むと少しのタマゴ味。湯口には湯花除去ネットが取り付けられ、中にはトロトロの溶きタマゴ状白湯花がたまっていました。利用者が多かった為、浮遊する髪の毛等でお湯が少々汚れていたのが残念。
(03年10月)

(まぐぞー)




男性浴室


女性浴室


湯口には湯華受け


みやま温泉 含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉(硫化水素型) 91.0℃(使用41.0℃)


はしご湯のすすめ長野県の温泉