はしご湯のすすめ長野県の温泉


須坂温泉 古城荘 須坂温泉 古城荘

須坂市大谷町5414
026-245-1460
6時〜21時
500円

訪問:04年4月



須坂市街地にある温泉旅館です。訪問したのはちょうど桜が満開の時期で敷地内の桜もきれいに咲いていました。早朝6時より立寄り入湯でき便利ですね。お風呂は内湯の「音羽の湯」、別棟にある内湯「観音の湯」・露天風呂「五岳の湯」の三ケ所のお風呂が楽しめます。「音羽の湯」は男性浴室には似合わないハート型のタイル浴槽が、、、。湯は無色透明無味無臭、で特に特徴があるものではありません。吸い込みありだが結構なオーバーフローで半循環?なのでしょうかね。きれいに透きとおった湯でキシキシ感を伴います。クセが無いので何度も浸かってしまいました。また一度着替えてから移動する別棟の「観音の湯」「五岳の湯」はとにかく塩素臭が凄いのには驚き。それ以外に特筆すべきは無し。
(04年4月)

(三昧)



須坂市を車で通過中に看板を見つけ立寄る事にしました。中規模の温泉旅館といった佇まいで、桜の季節とあってか、宿泊、日帰りともにお客さんで賑わっています。浴場は大きくわけて2箇所。1階にある大浴場と階上にある中浴場です。まずは1階の大浴場へ。訪問時は新しい大浴場を建築中との事で、仮設の渡り廊下を通過しての浴場行きとなりました。男女別の大浴場は結構年季が入っていて、脱衣所からして古びた感じ。浴室には大きな浴槽がひとつあり、途中の区切りによって熱湯と温湯とにわかれています。お湯は無色透明、コレといった特徴を感じられず。飲んでもみても特徴なし。吸い込み口はあるものの、まあまあの半循環。

続いて階上の中浴場へ。こちらは真新しい浴室で脱衣所も浴室もピカピカ。シャンプー、ボディソープ、ドライヤーも揃っています。長方形のシンプルな浴室に透明な湯。続いて岩造りの露天風呂。露天風呂は塀がある為、外の景色はあまり見えません。大浴場同様、無色透明の特徴のない湯です。が、湯使いは大浴場の方が良い。中浴場の浴槽は吸い込みも激しく、塩素臭が強いのがやや興醒めでした。帰り際、建築中の新大浴場の完成予定図を見ましたが、小奇麗で一般ウケのしそうな雰囲気のよい浴室でした。これが完成したら現在の大浴場はどうなってしまうのかな?
(04年4月)

(まぐぞー)




男性大浴場


男性大浴場


男性中浴場



女性大浴場


女性中浴場露天


露天風呂湯口


須坂温泉 単純温泉(Ca・Na-SO4・Cl型) 25.8℃ pH=8.32 蒸発残留物=219mg Na=20.7mg K=0.5 Mg=1.2 Ca=43.2 Cl=9.1 SO4=105.5 HCO3=41.2 CO3=1.2


はしご湯のすすめ長野県の温泉