ホームへ戻る長野県リストへ戻る


奥山田温泉
【レッドウッドイン】
上高井郡高山村奥山田3681-347
TEL(026)242-2418
レッドウッドインHP

立寄り時間
8時〜21時/500円

(最終訪問:04年4月)
単純硫黄泉
96.2℃(使用61.0℃)




信州高山温泉郷に最奥に湧く奥山田温泉にある温泉ロッジ「レッドウッドイン」です。四月の半ばも過ぎなのにまだまだ周辺は雪景色。山田牧場が目の前にあります。今回は信州秘湯会のスタンプゲットの目的もありました。外観は木材をふんだんに使用したログハウス風の建物です。この木材はなんと樹齢1650年というたいそうな木材だそうだ。おしゃれなレストランのような感じもしますが、宿泊も出来るお宿であります。入湯のみも可能。

浴室の場所を教えて頂きお風呂へ向う。男女別の内湯・露天風呂が一つずつ。ここの名物の樹齢1650年、レッドウッドの丸太をくり抜いた露天風呂は目的です。開放感抜群の露天風呂で良い感じ。丸太をくり抜いた浴槽には緑白色に混濁、硫黄臭ぷんぷんのする湯が溢れています。塩ビのパイプより浴槽内に源泉を注入していました。強いキシキシ感を伴う浴感。眺望は雪景色。開放感良い、良い湯に眺望よしときて満足できます。内湯は正方形浴槽で浴槽縁のみに木を使用しています。3-4人が浸かれる広さ。電球の灯りのなかの夜の露天風呂も良いだろう。

(三昧)



丸太の露天風呂




お湯は白濁



露天風呂からの眺め




今回男性用だった内風呂




玄関先では犬がゴロリン

4月中旬に訪れた奥山田温泉は、スキーシーズンも終わり次なるベストシーズン「新緑の季節」に向けて只今インターバル中という感じでした。あちらこちらに残雪が積もり、ガランとしたゲレンデには人っ子一人いません。なんとも寂しい光景です。あと1ヵ月もすれば新緑が芽吹き、牛の放牧も始り、爽やかな高原へと姿を変えるのだと思います。レッドウッドインは、そんな高原の中に佇むお宿です。洒落た感じのウッディな建物で、入口には黒い犬がゴロンと横になっています。

扉を開けると、まずは洋食を主体とするレストランがあり、その奥の階段を上がった先に宿泊用客室と男女別の浴室があります。各々の浴室には内湯×1、露天風呂×1とがあり、露天風呂はどちらも同じ丸太をくり抜いたものですが、内湯は木製の小さなものと、石造りの中形のもといった趣向の違うものでした。

今回私が湯浴みした内湯は石造りの方で、勾玉のような形をした浴槽、4-5人は入られそうな大きさです。薄白濁した湯はタマゴ臭。浴槽の横に小さな木の扉があったので「サウナかなぁ?」と開けてみたら倉庫でした。シャンプー、ボディソープ有り。続いて名物の露天風呂へ。丸太をくり抜いた露天風呂には、黄緑がかった白濁湯が満たされています。肌にひっかかるような浴感。誰も居ないゲレンデを眺めながらの湯浴みとなりました。ここは温泉よりも食事の方が有名らしく、ランチを食べに車で乗付けるお客さんが何人かいました。今度は是非、食事も楽しみたいと思います。

(まぐぞー)



ホームへ戻る長野県リストへ戻る