はしご湯のすすめ新潟県の温泉


五十沢温泉 ゆもとかん 五十沢温泉 ゆもとかん

南魚沼市宮17-4
TEL(025)774-2876
10時〜20時/500円
土日満館時は不可の場合も
備考:浴室はすべて撮影禁止の為、画像はありません。

訪問:04年1月

五十沢温泉1号井
アルカリ性単純温泉
52.0℃(使用49℃) pH=9.10
Na=34.99mg(80.57mv%) Ca=6.797(17.95) Cl=26.29(32.46)
SO4=27.99(25.54) CO3=16.20(23.65) HS=1.422 HSio=21.51(12.22)


月岡温泉の帰り道、六日町に湯量豊富な温泉があるらしいので立寄った。「五十沢」と書いて「いかざわ」と読みます。「ゆもとかん」は五十沢温泉のお宿です。普通の温泉旅館?ホテル?の印象。お風呂は湯量豊富を利用しての大小露天風呂、混浴岩風呂、男女別風呂と数多くあり。訪問時はやはり湯を楽しみたいので内湯に入湯させて頂きました。他は見学もせずでした。変型の5-6人が浸かれるタイル張り浴槽で、浴槽縁からはザーザーと湯が溢れていました。湯は無色透明、無味無臭で特に特徴はなし。体感43℃と熱めの湯が掛け流し。カランも温泉を利用していました。お客さんは殆どが露天風呂や岩風呂に直行してしまうのでこちらの内湯はガラガラで新鮮な湯を楽しむ事が出来ました。
(04年1月)

(三昧)



五十沢の温泉旅館です。日帰り客は受付けにてクツをビニール袋に入れて持ち歩くよう支持されます。浴場は広々とした混浴ゾーンの他に男女別の内湯があります。今回私は一番空いている女性用内風呂を選びました。内風呂は20人は入られそうな広々とした造り。長方形の浴槽に無色透明の湯が掛け流されています。中にモヤッとした白い湯花漂うタマゴ臭で、湯口に飲泉用の枡が置かれていたので飲んでみると仄かにタマゴ味。混浴露天風呂の大混雑が嘘のように、貸し切り状態で湯を楽しむ事ができました。
(04年1月)

(まぐぞー)



はしご湯のすすめ新潟県の温泉