ホームへ戻る新潟県リストへ戻る


月岡温泉【浪花屋】
新発田市大字月岡609-7
TEL(0254)32-2010

立寄り時間
時間要問合せ/500円

(最終訪問:03年10月)
含硫黄-ナトリウム-塩化物泉
50.0℃




月岡温泉にやっと行く事ができました。場所は月岡温泉発祥の地(6号源泉井)から道路を挟んで反対側にあります。二食付き、朝食付き、素泊まりと様々なニーズに対応しているよう。館内受け付けには猫がお出迎え。浴室はこじんまりした内湯のみ。当日は小さい浴場が男性浴室でした。2×2mの大きさの正方形浴槽でタイル張り。湯は薄緑黄色透明、硫黄の臭いが強いです、クラクラきます。すべすべの浴感で気持ち良い。糸状の褐色がかった湯華有り。月岡にはかなり昔に仕事で訪れましたが温泉には興味が無かった頃だった為、今回の月岡行きは初訪問のようなものですね。印象に残る温泉となりました。

(三昧)



メイン通りに面した庶民的なお宿です。玄関先はタバコ屋になっていて、看板娘(息子?)の猫がいます。二ケ所ある浴室は男女入れ替え制のようで、訪問時は女性が大きい方でした。この日は男性客が多く、女性客が少なかったのに、なんとも申し訳ない事です。緑色の綺麗な湯は表面に油膜漂う不思議なものでした。黒茶の糸状の湯花が漂い、これを指でこするとベットリと重油のようなモノがこびりつきます。飲むと苦く不味い。以前、岩手県の国見温泉で御一緒になった御夫人が「ここのお湯は月岡温泉に似ている」と言っていたのですが、確かにその通りでした。さて湯浴み後、お宿から道路を挟んだ向いにあるベンチで温泉饅頭を食していると、浪花屋の猫がトコトコと寄って来ました。が、食しているモノが饅頭と知るや、とっとと元のタバコ屋の軒下に戻ってしまった、、。現金な猫であります。

(まぐぞー)



小さい方の浴槽




大きい方の浴槽




饅頭はいらないよ


ホームへ戻る新潟県リストへ戻る