はしご湯のすすめ新潟県の温泉


湯沢温泉 共同浴場 湯沢温泉 共同浴場

岩船郡関川村湯沢678-3
6時〜18時/150円→200円

訪問:03年10月、11年5月、12年5月

3源泉の混合泉/単純温泉/47.5℃ pH=7.5 溶存物質計=969.2mg Li=0.5mg Na=262.3(82.50mv%) K=23.4 Mg=1.1 Ca=33.0 Sr=0.4 F=4.8 Cl=204.2(42.60) Br=0.9 SO4=286.2(44.08) HCO3=92.8 CO3=0.2 HS=0.2 H2SiO3=56.7 HBO2=2.5 CO2=15.4 H2S=0.1 (H22.1.27)/※全ての項目で該当なし


元気のいい管理人さんが常駐していた湯沢温泉共同浴場。早朝から営業しているので、車中泊明けの朝風呂に利用できてとても有り難い。一般外来も200円で利用可能。

少しばかり湯気が充満気味の浴室。 3人サイズの角タイル張り浴槽が一つある。湯口からは源泉を湯中へと直接注入しており鮮度は素晴らしいです。湯はほぼ無色透明、鼻をくすぐるタマゴ臭に弱金気臭が香ります。湯中には細かな白や黒の湯華がたくさん浮遊しています。浴槽縁から溢れ出す湯の通り道は、赤茶色に染まっています。洗い場カランからも温泉が出てきてタマゴ臭が漂い楽しめました。単純温泉とは思えないようなお湯は、充分に満足できるものでしょう。
(11年5月)

(三昧)


関川村の湯沢温泉は、ほんの数軒の小さな御宿と共同浴場で構成された、日本でも指折りの小さな小さな温泉場です。共同浴場は実に約8年振りの再訪問ですが、以前と変わらぬ佇まいにホッとしました。こちらの共同浴場は番台さんが常駐されていますが、料金は脱衣所の料金箱に投入します。

女性浴室には、3人サイズの鉄錆色に染まった四角いタイル浴槽がひとつ。薄いタマゴ味のする湯は浴槽内に直投入され、サラサラと溢れ出る掛け流し。心地よい適温湯で、無色透明な中に細かな消しゴムのカス状の「濃いグレー、薄いグレー、薄い黄土」の主に三色の湯花が舞い、弱くニュルッスベっとした肌触りがあります。ここの湯の一番の特徴は何と言ってもツーンと鼻に抜けるようなタマゴガス臭。鮮度も良く、多くの温泉マニアが好みそうな湯だと思いました。

また、浴槽に設置された蛇口やカランからも温泉が出るので、より一層ハッキリとした源泉に触れられるのも嬉しいです。
(11年5月)

(まぐぞー)



外観


外観


男性浴室



男性浴槽


湯口


溢れ出し



女性浴室


女性浴槽


湯口


はしご湯のすすめ新潟県の温泉