ホームへ戻る静岡県リストへ戻る


雲見温泉【赤井浜露天風呂】
静岡県賀茂郡松崎町雲見
TEL(0558)45-0844
(雲見温泉観光協会)

立寄り時間
24時間/無料
夜に行く場合は懐中電灯持参が安全

(最終訪問:03年2月)


西伊豆・松崎町、雲見温泉には誰でも入れる無料混浴露天風呂があります。露天風呂は波打ち際にあるので、通りから歩いて道を下りていきます。施設というものは脱衣所と石造りの浴槽が一つあるのみ。塩ビのパイプから源泉がドカドカと投入されています。温度は適温41℃ほど。湯は塩辛く、苦味、エグ味を感じます。とても成分を感じとれる温泉で、浴後はかなりの温まりようです。24時間いつでも利用できますが入湯マナーには気をつけよう。

(三昧)



雲見の温泉街から少し石部方面へ行った海岸側に小さな案内板がある。そこから海へ下ると眺めの良い無料の露天風呂があります。以前は湯温が低く夏場限定の露天風呂でしたが、久々に再訪してみると、あらビックリ冬でもヌクヌクの熱いお湯が満たされているじゃありませんか。これは嬉しいかぎりです。浴槽は無料とは思えぬ程の立派な石組みで、青い伊豆の海が目の前に広がる気持ちの良いものです。夜ともなると満天の星空を仰ぎ見る事ができます。底がコケでヌルヌルなのと、脱衣所らしき場所がコンクリートの簡素な建物(廃虚風)である事、すべてにおいて男女一緒である、という点では「ちょっと、、、」と躊躇する人もいると思いますが、、。湯はエグみのある塩味。にがり成分が濃くなっちゃった海水みたいです。

(まぐぞー)




この看板が目印



雲見の海


ホームへ戻る静岡県リストへ戻る





石部温泉【平六地蔵露天風呂】
静岡県賀茂郡松崎町石部

立寄り時間
24時間/無料

(最終訪問:03年2月)


石部はかれこれ十数年前から度々訪問していた地。平六地蔵露天風呂はこの石部温泉の海岸近く(岩地寄り)にある混浴露天風呂です。海岸そばにあるものの塀の為海は見えず、一見「いけす」か「プール」のような造りで、以前は夜になると暗闇にシンボルのお地蔵さんのシルエットがぼんやり浮かんで「オバケが出そう」というイメージだったんですが、少し前に立ち寄ったら、あらまあ夜だというのに大勢の人でワイワイと賑わっていました。すっかり人気の観光スポットとなったらしい。

湯は「適温〜温め」という感じで、思った程塩辛くない。底はコケみたいのでヌメヌメで、葉っぱなどの沈殿物多し。綺麗好きな人にはチト辛いかな?浴槽の目の前が脱衣所で、仕切りもなんにもないから女性は相当キツい。しかも湯浴み客の殆どが脱衣所の方を向いているので、これまたキツイ。誰かが脱衣している間は、例え同性であっても別の方向に体を向けるとかの配慮が欲しいもんです。(ここは以前より水着着用OKだったのですが、何かの情報で最近では水着を着用しなくてはならない、という決りになったとか??どなたか真相を御存じの方教えてください)以前は近くの田圃に蛍が舞ったりと、とても長閑な所でした。いつの間にやら周辺は小奇麗に整備され、キャンパーや湯浴み客が増え、様子も変わりつつあります。せめてゴミなど散らかしたりしないよう最低限のマナーは守ってもらいたいもんです。

(まぐぞー)



ホームへ戻る静岡県リストへ戻る





岩地温泉【ダジュール岩地】
静岡県賀茂郡松崎町岩地

立寄り時間
24時間(17時頃清掃)/無料

(最終訪問:03年2月)


岩地温泉は、石部温泉同様、20年以上昔より時々泊まりに行っていた地。その昔「東洋のコートダジュールを目指そう!」という町おこしがあり、海岸沿いの家々が一斉に屋根を黄色にしてしまったという過去も。さて、そんな岩地海岸に夏の海水浴シーズンと前後して、その名も「ダジュール岩地」なる舟の温泉が登場します。岩地海岸の防波堤の丁度真ん中辺りでしょうか。海水浴シーズンには、水着を着た沢山のファミリーなどで賑わい、楽しい雰囲気となっています。普通に湯浴みを楽しみたい方は夏休み時期をはずすのがオススメ。特に朝や夕刻には誰もいない海岸で海の眺めを独り占めです。ただし、あまりにシーズンを外し過ぎると舟の浴槽そのものが撤去されてしまうので御注意。脱衣所などは一切無しなので、女性は防波堤に沿って身を隠すようにサッと着替えるしかありません。この海水浴場は白浜よりも健全で海も穏やか。子供を遊ばせやすい雰囲気。舟のお風呂なんて楽しいし、ファミリーには特にオススメです。防波堤沿いは道が狭く路駐できないので、近隣の有料駐車場を利用。

(まぐぞー)



ホームへ戻る静岡県リストへ戻る