ホームへ戻る長野県リストへ戻る


菱野温泉【薬師館】
小諸市大字菱平740
TEL(0267)22-0077

立寄り時間
10時〜15時/500円

(最終訪問:03年9月)
単純温泉(Na-HCO3型)
26.8℃ pH=7.0 溶存物質計=507mg
Na=78.5mg(67.93mv%)
Ca=19.4(19.32) Mg=5.6(9.16)
HCO3=286.2(92.69)
弱アルカリ性炭酸鉄泉
泉質のみ掲示、分析書掲示無しの為詳細不明




高峰高原の中腹、標高1000メートルのところにある菱野温泉。湯巡り開始後、一番はじめの湯。玄関からして全体的に館内が薄暗い。お風呂は2種類で別々の場所にあるので、まずは階上の展望風呂へ。5-6人が入れるほどの大きさの浴槽で、展望風呂とあって高原の景色を眺めることが可能。湯は単純温泉で無色透明無味無臭。源泉を加熱しての41℃の適温、吸い込みありの半循環。弱すべすべ感。

1階にある浴室は炭酸鉄泉という泉質。鉱泉なので加熱槽と冷たい源泉槽の二つの浴槽がある。加熱槽はさておき、冷たい鉱泉の掛け流し浴槽が良い。加熱槽との交互入浴法がお宿のお薦め入浴法らしい。新鮮金気味、微炭酸味。お宿の敷地内に冷たい源泉が湧いていて飲泉はもちろん、ペットボトルなどでの持ち帰りも無料で可能。

(三昧)



眺めの良い内風呂




洞窟のような廊下



一階浴場の沸かし湯




新鮮金気味、微炭酸味、冷鉱泉

信州秘湯会の宿です。チェックアウト後の訪問だった為か、照明の落とされた館内はお客さんは勿論、従業員の姿もなくシンと静まりかえっていました。昼だというのに薄暗い。古めかしい広告の入った鏡などが置かれ、なんともレトロな雰囲気漂う館内です。浴室は二箇所。階上の展望風呂と1階の浴場。二箇所は離れているので、一度着替えての移動となります。

まずはエレベーターに乗り込み展望風呂へ。男女別の浴室には浴槽がひとつ。高い位置にあるので眺めが良い。浴槽には温めの沸かし湯が満たされています。浴感はサラサラ。次は1階にある浴室へ。石造りのトンネルのような廊下を進む浴室までのアプローチが楽しい。男女別の浴室には各々冷鉱泉の源泉浴槽1と沸かしの浴槽1とがあり、観葉植物が置かれ、ちょっぴり南国風。まず温湯に浸かり、そして冷泉へ、これを2〜3回繰り返すというのが、ここの入り方のようです。源泉浴槽はとても冷たく、気合いを入れて入らなくて辛い。飲むと雑味のない鉄味がします。浴室のすぐ外は鯉の泳ぐ池。他には誰もお客さんがいなかった所為か、とても静かな湯浴みができました。

(まぐぞー)




シマリスが飼育されていた



池の脇に湧く冷鉱泉



お宿外観


ホームへ戻る長野県リストへ戻る