はしご湯のすすめ新潟県の温泉


越後湯沢温泉 いなもと 越後湯沢温泉 いなもと

南魚沼郡湯沢町湯沢2497
025-784-2251
11時〜21時
1000円

訪問:14年11月



越後湯沢温泉にある大型温泉旅館の「いなもと」に立ち寄り入浴しました。訪問前に事前連絡して立ち寄りの可否を確認して出掛けてみました。正面入口フロントにて受付。とても感じよく、対応が素晴らしい従業員の方で好感が持てる印象であった。

立ち寄りは大浴場のみとの事、3階にある露天風呂は利用できない。なので内湯大浴場へ向かう。ちょうどタイミングがよかったようで、広い浴室内は誰もいなくて自分ひとりのみ、ちょうど宿泊客の夕食時間中にかぶったのだろうか。浴槽は二つあり、わかりやすく言うなら掛け流し浴槽と循環浴槽の違い。掛け流し槽から循環槽への湯の流れ込みがあり、循環槽の端っこの排湯構より排湯する仕組みだ。両浴槽の仕切り部分に御影石湯口があり、熱めの源泉と思われる湯が掛け流し槽に約20L/minほど注がれている。循環槽にはぬる湯が注がれていたがこれが何かは不明なところ。浴槽では弱カルキ臭も少々。また、10人サイズの掛け流し槽には「あつゆ」、20人サイズの循環槽には「ぬるゆ」という掲示も掲げられている。脱衣所に温泉利用状況が見当たらなかったが、お宿のWebページの温泉ページにはおおよその記載があった。
(14年11月)

(三昧)



越後湯沢温泉街のど真ん中あたりに位置する大型の綺麗系観光旅館です。日帰り入浴も積極的に受付けていて、スノーシーズンには賑わいそうな感じがします。今回は雑誌「温泉博士」を利用して立ち寄ってみました。館内には男女別大浴場、バリアフリーの貸し切り風呂、三階には展望露天風呂もあるようですが、今回は大浴場のみの利用です。

脱衣所を抜けると広々とした浴室が広がり、15人サイズと12〜3人サイズに仕切られた大きな浴槽がひとつあります。ザッと確認したところ、15人サイズ側が湯口より熱い非加水源泉投入で浴槽内やや熱め、12〜3人側が循環湯?と思われる湯を投入の適温使用。浴槽は一部で適温槽からやや熱め槽へと流れ込みになっています。肝心の湯は弱いスベスベ感のある無色透明、浴槽内で循環+少量の源泉投入の半循環利用で、弱い塩素臭もします。温泉マニア的にはアレですが、使い勝手のいいシャワーや備品が揃い、スキー帰りの入浴には申し分ないと思います。清掃が行き届き気持ちよく利用できる浴室でした。
(14年11月)

(まぐぞー)




外観


館内


浴場入り口



掲示


男性浴室


別の角度から



別の角度から


湯口


浴槽から



女性脱衣所


女性浴槽


湯口


湯沢温泉事業有限会社 第1配湯所 単純温泉 57.9℃ pH=8.1 溶存物質計=929.1mg Li=0.4mg Na=224.1(67.94mv%) K=4.4 NH4=0.2 Mg=0.1 Ca=88.1(30.66) Sr=0.6 F=0.9 Cl=442.8(85.72) Br=1.9 S2O3=0.4 H2SiO3=47.6 HBO2=17.2 HAsO2=0.5 CO2=0.3 ※温泉利用状況=掲示見当たらず


はしご湯のすすめ新潟県の温泉