はしご湯のすすめ長野県の温泉


霊泉寺温泉 和泉屋 霊泉寺温泉 和泉屋

上田市平井2530
0268-44-2011
10時〜21時(受付20時30分)
500円

訪問:14年4月



霊泉寺温泉にある秘湯会のお宿です。未訪問でもありせっかくなので立ち寄ってみました。朝の7時に玄関に入り声を掛けてみると「立ち寄りは9時からだけど、24時間入れるからいつでもいいよ」とご主人のありがたいお声。すぐさま受付し二階にある浴室へ移動します。内湯とそれに続く露天風呂もありますが、露天風呂利用時間が15−23時でしたので今回は時間外で利用できずでした。なので今回は内湯のみ利用です。浴槽は石造りの8人サイズ、飲泉コップがある湯口より浴槽へ約5-6L/min程度を投入。無色透明、湯口においては薬臭味、独特の焦げたような香りを感じる。もう一つ飲泉コップの無い湯口もあるがこちらは循環湯。浴槽サイズからして決して充分な源泉投入量とは思えないので、多客期も踏まえ循環ベースは妥当でしょう。
(14年4月)

(三昧)



霊泉寺温泉の中でまだ未訪問だった和泉屋旅館に立ち寄ってみました。温泉街のメイン通りに入り口を構える和泉屋は、パッと見、昭和の雰囲気プンプンの鉄筋中規模旅館ですが、更に奥には旧館(?)らしき瓦屋根の宿泊棟があり、内部は随分と入り組んでいる印象でした。実際に訪問時も宿泊客のお爺さんが「あれ?どこだっけなぁ」とウロウロ迷っていました。

浴室は男女別に内湯+露天風呂がありましたが、露天風呂は時間外で湯が張られていませんでした。女性浴室には7〜8人サイズの四角い浴槽がひとつあり、無色透明の適温湯が半循環利用されていました。湯口は二つあり、コップが置かれた湯口では薬っぽいようなカルシウムを思わせる風味のある湯が、適温になったり、やや熱くなったりと温度を変化させながら注がれています。この湯口から注がれるぶん程の溢れ出しが常時あり、おそらくはココが源泉の投入口かと思われます。もうひとつの湯口は常に一定の適温湯が注がれ、おそらくはコチラは循環湯かな?浴槽温度はストレス無く浸かれる適温で、優しさを感じる霊泉寺の湯でした。
(14年4月)

(まぐぞー)




男性内湯


湯口


露天風呂は空でした



女性内湯


浴槽


湯口


霊泉寺温泉 単純温泉 36.0℃ pH=8.3 溶存物質計=901.9mg Na=62.8mg(20.92mv%) K=1.3 Mg=0.4 Ca=205.3(78.45) Sr=0.9 F=0.8 Cl=33.0 NO3=0.6 SO4=545.8(89.23) HCO3=23.8 H2SiO3=26.8 HBO2=0.3 CO2=4.4 (H17.5.10) ※温泉利用状況=加温あり、循環濾過あり、塩素系薬剤の使用あり


はしご湯のすすめ長野県の温泉