はしご湯のすすめ長野県の温泉


白馬八方温泉 第二郷の湯 白馬八方温泉 第二郷の湯

北安曇郡白馬村北城5170
0261-72-6541
12〜21時(受付20時30分)
火曜休み
7月下旬〜8月中旬・12月下旬〜3月末は無休
600円

訪問:14年5月



白馬八方温泉にある共同浴場の一つです。入浴には通常600円が必要ですが、今回は物味湯産手形を活用しての入浴となりました。訪れたのは夕方の入浴どきで若干賑わい気味。

男湯は亀甲のような六角形浴槽、8人でゆったりサイズの広さがあります。浴槽にたつ柱が湯口となっていて、投入した湯と同量程度が浴槽端っこからしっかりとオーバーフローしているので掛け流しのようです。浴槽湯は無色透明、弱温泉臭、弱ツルツルとした浴感がある。pH=11.2の強アルカリだからといって、強いヌルヌル感があるというのでは無い。入浴客もそこそこ居たが、源泉投入湯量もそれに見合ったものなので鮮度面も問題はない。とはいえ今回はスキーシーズン外であったが、冬場の混み合う時期での湯のコンディションが気になるところである。
(14年5月)

(三昧)



白馬村に点在する幾つかの共同浴場のひとつです。今回は「信州物味湯産手形」を利用して訪問してみました。こぢんまりとした小規模施設ですが、夕方の訪問とあって続々と湯浴み客が訪れます。施設前に数台停められる駐車場はほぼ満車でしたが、なんとか一台空きができ駐車する事ができました。

男女別浴室は石板と木材を多用した落ち着いた造りで雰囲気がいいです。浴室中央に10人弱サイズの六角形木造浴槽があり、それを囲むようにシャワー・カランが並んでいます。洗い場にはボディソープ、シャンプーの設置あり。浴槽には綺麗に澄んだ無色透明の湯が静かに掛け流されています。絶妙な適温湯は弱いツルツル感があり、ごく僅かな温泉臭が漂います。引き湯距離もありお湯本来の個性は飛んでしまっていると思いますが、掛け流しの湯に気持ちよく浸かれ、充分楽しむ事ができました。
(14年5月)

(まぐぞー)



白馬八方温泉1号、3号の混合泉 アルカリ性単純温泉 49.7℃ pH=11.2 溶存物質計=128.2mg Na=41.0mg(64.91mv%) K=5.1 Ca=16.3(29.54) Sr=0.2 Ba=0.1 Cl=8.0 OH=36.1(72.28) HS=0.1 CO3=14.5 HSiO3=5.5 BO2=1.1 (H21.3.16) ※温泉利用状況=全ての項目で該当無し


はしご湯のすすめ長野県の温泉