はしご湯のすすめ長野県の温泉


真田温泉 ふれあい真田館 真田温泉 ふれあい真田館

上田市真田町長7369-1
0268-72-2500
10時〜21時30分(21時まで受付)
火曜休み(祝日は翌日休み)
500円

訪問:14年4月



上田市にあり、まさしく公共日帰り温泉センターと言えばコレだと思わせる施設です。施設Webサイトによると、「戦国武将の真田氏の館をイメージした純和風の建物で、瓦には六文銭をあしらっています。」との事。温泉をはじめプールもあり、食堂や喫茶、広間を完備した大人気の施設といえましょう。

入浴設備としては内湯大浴槽・打たせ湯・歩行浴槽・ジャグジー槽・露天風呂を備え持ちます。内湯は30人オーバーの大きな浴槽でタイル造りのもの。浴槽端っこにはとりあえずある的なサイズの湯口があります。浴室空間カルキ臭あり。お湯は無色透明、弱カルキ臭でこのテの施設には至って普通な湯使いです。

露天風呂は7-8人サイズの石板張り、屋根無しで開放感ある造りです。湯は無色透明、弱温泉臭でカルキは殆ど感じませんが、浴槽内にて吸い込み吐き出し数カ所が作動していました。ただ、岩石湯口からは人肌程度の湯が出ており、これはおそらく源泉と思われます。また、脱衣所から内湯への出入り口横に「上がり湯」があり、これもおそらく源泉そのままであろうと推測します。このような施設、湯使いはともかく我が家においては登山後の汗流し・食事には好都合です。
(14年4月)

(三昧)



上田市にある公共の大型日帰り温泉施設です。施設はプール、食堂、トレーニング施設などを構え、とにかく広くて立派です。館内には男女別大浴場があり、それぞれに内湯と露天風呂があります。先ずは内湯ですが、広々とした浴室空間は入った途端、塩素臭がムンムン漂います。大きくとられた窓にそって25人サイズの浴槽がひとつあり、それにくっつくようにして円形のジャグジー槽もあります。浴槽に満たされる湯は無色透明の適温で塩素臭キツめ。非加熱かと思われるぬるい源泉を投入しつつの循環で、湯使い的には半循環といったとこですが、浴槽サイズにして源泉投入量が少なく、ほぼ循環ベースといっていいかもしれません。浴室内には掛け湯槽があったのですが、こちらはぬるめの源泉が満たされていました。

続く露天風呂は7〜8人サイズの岩を配した浴槽で、人肌程度の源泉を投入しつつの半循環です。こちらは内湯と比べても塩素臭は無く、優しい温泉臭が漂い、まずまずの印象でした。露天風呂には「蜂に注意」の掲示がありましたが、訪問時では、周りに飛び交っていたのは、こちらが攻撃しなければ人を刺さないミツバチで、なぜか温泉水を飲みに来ていました。近くで養蜂でもしていたのかな?
(14年4月)

(まぐぞー)




玄関


館内


男性露天風呂


アルカリ性単純温泉 37.4℃ pH=8.8 溶存物質計=789.9 Li=0.4mg Na=233.8(82.26mv%) K=1.0 NH4=0.5 Mg=0.2 Ca=29.2 Sr=0.9 F=3.0 Cl=292.3(69.81) Br=1.2 I=0.4 HS=0.3 SO4=122.5(21.60) HCO3=18.7 CO3=15.2 H2SiO3=27.9 HBO2=42.4 (H21.6.1) ※温泉利用状況=加温あり、循環ろ過あり、塩素系薬剤の使用あり


はしご湯のすすめ長野県の温泉