はしご湯のすすめ長野県の温泉


星野温泉 トンボの湯 星野温泉 トンボの湯

北佐久郡軽井沢町星野
0267-44-3580
10時〜23時(22時まで受付)
1300円(G.Wと8月は1500円)

訪問:14年3月



星野リゾートが手がける星野エリア内にある日帰り温泉施設。軽井沢地区には至って縁の無い自分ですが、「物味湯産」手形を活用して立ち寄りしました。受付時には、温泉入浴した際の感想ハガキの記入依頼をされました。施設は日帰り温泉そのものですが、建て構えからしてお洒落な感じでいかにも軽井沢な造りです。

浴室は広い空間のガラス張りな造り。30-40人サイズの広い木枠縁の石造り浴槽が一つあります。浴槽中央に岩湯口、そこから多少の湯が浴槽へ注がれています。湯は無色透明、結構なカルキ臭がプンプンします。薄茶色系のヒラヒラとした湯華も確認できます。露天風呂は巨岩で浴槽を囲んだような造り。ざっと40人サイズはあるでしょうか。浴槽底には小石が敷き詰められていて足裏の適度な刺激を受けます。湯口は巨岩湯口、岩面に伝えるように浴槽へ流れ込んでいます。湯はやはり無色透明、やはり結構なカルキ臭、つるスベ浴感があります。露天風呂浴槽の片隅には水風呂もありますが、これはサウナ用でしょうか。湯使いは掛け流しとの利用状況ですが、カルキ臭がちょっと。。脱衣所には飲泉所があり自由に利用できます。弱く重曹甘味にほんのりと塩味を感じます。飲泉湯口からはカルキ臭はしませんでした。
(14年3月)

(三昧)



日本各地の温泉宿を買い取り、次々とグループ化してゆく星野リゾートの日帰り温泉施設です。軽井沢に洒落たレストラン、ショッピングスペースなどを構える「星野エリア」なる森を構え、その一角にトンボの湯も位置しています。料金的に我家の上限ラインを超えるので通常なら立ち寄りしませんが、今回は温泉クーポンの「物味湯産手形」を利用して訪問してみました。さすが軽井沢という土地柄か施設全体が洒落ていて、訪れる客層も他所の温泉施設とまったく異なりました。

男女別大浴場は完全に別棟となり、浴後の待ち合わせは、やや不便な感じもします。広々とした脱衣所を抜けると先ずは内湯ですが、大きくガラス窓がとられた浴室は開放的で明るい雰囲気があります。ガラス窓に沿って40人くらい入られそうな大きな浴槽がひとつあり、浴槽素材の石板の影響なのか薄っすらと茶緑がかっても見えるほぼ無色透明湯が、おそらくは加熱掛け流し利用かと思います。細かなカス状湯花が浮遊し、なかなかよさそうな湯なのですが、残念な事にとにかく塩素臭がキツイのです。浴槽中央には非加熱と思われる源泉投入もあるのですが、これも強塩素臭が漂います。

続く露天風呂も40人ほど入られそうな広々とした造りですが、やはり塩素臭が強めです。おそらくは重曹の良い香りと肌触りが楽しめそうな源泉なのですが、本来の湯の良さが塩素により飛んでしまっています。訪問時がたまたまだったのかもしれませんが・・。多くの人が訪れる場所柄、この塩素投入は仕方の無い事なのかもしれません。使い勝手の良い備品が揃っているので体を洗うには良い施設だと思います。
(14年3月)

(まぐぞー)



星の温泉トンボの湯(星野5号、星野新6号、志賀1号及び共同井戸の混合泉) 41.7℃ pH=7.4 溶存物質計=1014mg Li=0.1mg Na=176.1(66.57mv%) K=18.7 Mg=23.7 Ca=27.6 Sr=0.2 F=0.2 Cl=92.7(22.74) Br=0.3 SO4=58.4 HPO4=0.2 HCO3=465.8(66.48) H2SiO3=141.8 HBO2=7.7 CO2=31.8 (H24.7.31) ※温泉利用状況=季節により加温あり、塩素殺菌あり ※混合泉に薬剤(塩素系)を添加した検水につき、浴槽内における分析


はしご湯のすすめ長野県の温泉