はしご湯のすすめ静岡県の温泉


松崎温泉 炉ばた館

賀茂郡松崎町道部58-2
0558-42-3070
立ち寄り時間要問い合わせ
400円

訪問:13年10月



松崎町にある温泉旅館の一つです。松崎の集中管理源泉を引き湯して利用しています。二食付きで利用すると、地の新鮮な海産物が楽しめるようです。ですが今回は立ち寄りなので食事とは無縁です。

玄関を入ると気さくな女将が応対、「女湯を貸切でいいよ」とおっしゃる。曇りガラス張りの内湯、3人サイズの石板張り浴槽が一つとシンプルな造り。岩組湯口より53.7℃の湯を浴槽へ流し込んでいる、と同時に塩ビ管による浴槽内への直注入も行い、湯船前面より溢れ出す掛け流し。湯は無色透明、ほんわか石膏臭味、弱とろみ感あり。湯面にはホテルコスモスと同様に、このテの泉質で見られるアブクがいくつかプカリプカリ。弱キシキシ感にすべすべ感も併せ持ちます。浴槽湯温は42.6℃、適温での湯浴みが楽しめました。
(13年10月)

(三昧)



西伊豆の繁華街的存在「松崎」にある、こぢんまりとした旅館です。立ち寄り湯に関しては曖昧な宿が多い中、こちらは公式ホームページにて日帰り入浴を掲げています。これまで松崎温泉の宿には3回ほど宿泊していますが、記憶に間違いが無ければこの「炉ばた館」にも一度宿泊した事があります。

玄関をくぐると気さくな女将さんが迎え入れてくださいました。浴室は男女別に内湯がひとつづつありますが、女湯を貸し切り利用してよいとの事で、ありがたく使わせていただきました。

こぢんまりとした浴室には3人サイズの長方形浴槽がひとつ。析出物がビッチリと付着しトゲトゲの珊瑚のようになった湯口より熱い湯を少量、これとは別に塩ビ管からも熱い湯を少量投入し、浴槽縁より溢れ出す掛け流し利用となっています。投入量により適温調整された甘く優しい石膏臭漂う湯は、綺麗な無色透明で、まったりとしたトロミ感があります。人が浸かるとザバッと溢れ出し、湯が一気に減ってしまうのが勿体無い。海のすぐ近く=磯臭くショッパイ湯と思いがちですが、松崎では意外にも肌に優しい石膏泉が楽しめました。
(13年10月)

(まぐぞー)




玄関


館内


浴室



浸かった様子


湯口


析出物


混合泉(2号・6号12号13号)(宮内第1配湯所集湯タンクにて採水) カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉 63.4℃ pH=8.8 溶存物質計=2171mg Na=308.6mg(43.53mv%) K=12.3 Mg=1.7 Ca=339.9(55.01) HCO3=9.5 CO3=6.7 OH=0.1 Cl=79.9 Br=0.2 SO4=1350(91.41) H2SiO3=59.9 HBO2=2.3 ※温泉利用状況=全ての項目において該当なし


はしご湯のすすめ静岡県の温泉