はしご湯のすすめ長野県の温泉


角間温泉 ようだや 角間温泉 ようだや

下高井郡山ノ内町佐野2348
0269-33-3165
立ち寄り時間要問合せ/500円

訪問:12年10月

ようだやボーリング/ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉/86.0℃ pH=8.2 溶存物質計=1673.4mg Li=1.3mg Na=405.2(76.19mv) K=36.6 Mg=0.4 Ca=86.8 Sr=0.4 Fe2=0.2 F=1.3 Cl=603.0(73.64) Br=2.8 HS=0.3 SO4=238.2(21.47) HPO4=0.4 HCO3=48.8 CO3=6.0 H2SiO3=164.4 HBO2=75.1 HAsO2=2.2 CO2=3.7 (H20.11.26)/※温泉利用状況=全ての項目で該当無し


数件のお宿と、いくつかの共同浴場がある小さな温泉地の角間温泉。大湯共同浴場の隣に位置しており、昔ながらの古めかしい木造三階建物は個人的に好みの部類に入る。以前訪問時は清掃中で入れずで、今日はokとの女将さん。

入り口玄関から帳場を抜けて廊下奥手に浴室はあった。ガラス窓は開放されて換気良好な浴室。角タイル張りの楕円形浴槽が浴室中央に位置している。大人ゆったり4-5人サイズはあるでしょう。湯口は岩石組みのもの。塩ビ管より岩石を伝わらせて浴槽へ少量投入、という方法。湯口温度は61.1℃。湯は無色透明、弱薬臭に弱ニガエグ風味、やわらかな感じの浴感があります。湯温は42℃ほどなのでストレス無く浸かることができるでしょう。少量投入の掛け流しですが、利用客がそれほど多くなければ十分すぎるほどのコンディションでしょう。温泉浴室付きの客室もいくつかあるというので、そちらも気になる所です。
(12年10月)

(三昧)


時が止まったかのような静かな温泉地「角間温泉」にある、昔ながらの風情あるお宿です。随分以前に立ち寄りを伺った事があるのですが、その時は清掃中という事で入られず、今回再挑戦してみました。やや及び腰で玄関から伺うと「どうぞー」とお返事。

浴室は男女別に内湯がひとつづつ。女性側は湿度がややこもり気味で、4人サイズの長方形浴槽がひとつあります。白い温泉成分がビッチリ付着した女性像の湯口があり、無色透明の激熱源泉がトロトロと投入、掛け流し利用されています。ツルッとした肌さわりの湯でトロンとしたまったり感があり、熱めながら入りやすいもの。湯面からは上品な石膏臭が漂い、湯口より一口含むとほんのり塩気があります。派手さはありませんが、静かにじっくり湯を楽しむにいい感じです。浴後は肌やタオルに良い温泉臭がいつまでも残る心地よい湯でした。
(12年10月)

(まぐぞー)



男性浴室


湯口


浸かった様子



源泉蛇口もあります


女性浴室


浴槽



湯口


析出物が
服のようになっています


こちらにも源泉蛇口


はしご湯のすすめ長野県の温泉