はしご湯のすすめ大分県の温泉


蓮田温泉 蓮田温泉

別府市浜脇3丁目7-6
6時30分〜12時、14時〜23時
100円

訪問:11年7月

分析書掲示なし


使い込まれた雰囲気が漂うコンクリ壁の浴舎外観。別府には無人の共同浴場が多いが、ここ蓮田温泉も例外ではない。料金箱に料金支払いするパターンである。外来利用者はMy湯桶の持参をオススメする、というか別府湯巡りでは湯タオルと同様に湯桶は必需品でしょう。

浴室は通気良く快適空間そのもので気持ちがいい。縦長の4-5人サイズのタイル張り浴槽が配置されている。利用者各自が浴室端の貯湯槽からの源泉投入量と備え付けのホースによる加水は調整する仕組みになっている。入浴を終えたら投入した湯水の元栓は止めておくのがルールになているようだ。当日はぬる湯状態だったので高温の源泉をドンドコと浴槽へ送り込んだ。適温に調整して湯浴みする。湯は無色透明でクセもなく浸かりやすいものであった。
(11年7月)

(三昧)


別府市内で多く見かけるタイプの気取りの無いシンプルな共同浴場です。「狭い」という程ではないですが、コンパクトにまとまった印象を受ける浴室です。

女性側には4人サイズの長方形浴槽がひとつ。金気臭漂う無色透明な熱い湯を浴槽内注入しています。最初浸かった際はやや熱めで好みの湯温でしたが、同浴の御婦人が私が観光客と知るや「熱いでしょ?熱いでしょ!?」と聞いてきます。「大丈夫、丁度いいですよ」と返事をするも、「熱いわよね〜」と言いつつ、初めて見るような太いホースにて加水を開始。その投入たるや「ジャバジャバ」というより、「ドーーッ」と低音がしそうな程。浴槽内はみるみる「ぬる湯」へ変身。その後ご婦人は「今日みたいな暑い日は、お風呂の後に汗が出るのが嫌だから、この位がいいのよ」と「ぬる湯」を堪能されていました。
(11年7月)

(まぐぞー)



入口


清掃時間変更の掲示


男性浴室



浴槽


別の角度から


湯枡から源泉を送湯



入浴の心得


お湯は止めて帰ろう


水も止めて帰ろう


はしご湯のすすめ大分県の温泉