はしご湯のすすめ大分県の温泉


鉄輪温泉 かんなわゆの香 鉄輪温泉 かんなわゆの香

別府市鉄輪御幸4組
TEL(0977)67-2682
12時〜21時/500円

訪問:11年3月

ナトリウム塩化物泉/99℃ 700L/min(掘削自噴) pH=5.1 溶存物質系=4.41g Na=1155mg(87.13mv%) K=201.0 Mg=3.9 Ca=36.1 Al=0.7 Mn=1.0 Fe2=1.2 Cl=1830(86.23) SO4=380.0 HCO3=20.0 HAsO2=2.2 H2SiO3=702.0 HBO2=74.0 CO2=78.0 H2S=0.1(S54.4.18)/※温泉利用状況掲示なし


鉄輪にあるちょっとオシャレな印象を受けるお宿。敷地内の駐車場脇には足湯も併設されています。立ち寄りもきちんと受け付けていただけました。因みに温泉道の対象施設でもあります。

浴室は二種類あり、定期的に男女入れ替え制のようです。少し湯気充満気味の内湯浴室、四角形のような変形型浴槽が一つあります。石板張りで8人サイズの広さがあります。湯は無色透明で弱く塩味を感じるものですが、湯に鮮度力を感じ取る事が出来ません。浴槽端の塩ビ管からは、おそらく加水湯の投入がありますが充分な量ではないのかも知れません。

内湯からそのまま移動出来る露天風呂もありました。掛け湯槽をはじめ、5人サイズ露天岩風呂に打たせ湯槽、そして屋根付き露天風呂までありました。どの浴槽も41-43℃ほどに調整されていて適温での入浴ができます。言うまでも無く掛け流し利用です。浴槽から溢れるオーバーフロー湯の通り道が、鉄分の析出物で赤茶色に変色しています。更に地獄噴気を利用した蒸し湯もあり、実はほとんどの時間ココに籠もって噴気に蒸されていました。鉄輪の蒸し湯は最高です。
(11年3月)

(三昧)


以前、楽々園というちょっと侘しいB級感漂う旅館だった所が、新しく和モダンな宿に生まれ変わりました。受付周りはガラス窓を多用し明るい雰囲気です。

浴室は、以前は混浴がメインだったのですが、ゆの香になってからは男女別となりました。大浴場は片方が内湯+露天風呂+打たせ湯+蒸し湯、もう片方が内湯のみです。時間で男女入替えとなるようですが、訪問時は内湯のみの方が女性用でした。

浴室に入ると、なんとなくですが、以前と変らない侘しさが漂っています。楽々園の頃の浴室をはっきり思い出せないのですが、こんな雰囲気だったような・・。浴室には7〜8人サイズの長方形浴槽がひとつ。湯口より激熱源泉を投入し、浴槽内で適温。鉄輪の多くで見られる優しい温泉臭と塩気のある湯とは違い、ほぼ無色透明の湯は無臭で塩気を感じません。浴槽サイズにして投入量は少なめで、ややなまり気味、ひんやりとした硬さを感じる湯でした。
(11年3月)

(まぐぞー)



フロントまわり


立寄り湯入口


訪問時
男性側だった浴場
内湯



内湯 湯口


露天風呂浴槽その1


浴槽アップ



掛け湯槽?


露天風呂浴槽その2
奥は打たせ湯


蒸し湯



次は女性側だった浴場
脱衣所


こちらは内湯のみです


浴槽



浴槽湯口


玄関先にあった足湯


足湯槽


はしご湯のすすめ大分県の温泉