はしご湯のすすめ長野県の温泉


とらやの湯 傳習館 とらやの湯 傳習館

下高井郡山ノ内町佐野2592-22
TEL(0269)31-3454
10時〜19時/500円
旧施設の感想

訪問:10年4月

角間 天狗の湯(角間とらやの湯 傳習館)/ナトリウム-塩化物泉/91.0℃ pH=7.3 溶存物質計=1799mg Li=1.4mg Na=436.3(78.30mv%) K=46.5 NH4=0.3 Mg=0.3 Ca=76.6 Sr=0.3 F=1.2 Cl=674.3(77.94) Br=3.4 I=0.7 HS=1.0 SO4=191.6 HPO4=0.5 HCO3=76.3 H2SiO3=195.5 HBO2=89.6 HAsO2=2.7 CO2=16.5 H2S=0.6 (H20.7.16)/※全ての項目で該当なし


前身の「とらや」が廃業後、しばらくその跡地は更地となっていた。その後、経営者が変わり現在の「傳習館」として営業している。建物はちょっとお洒落な感じ。敷地内には山羊やニワトリなどの家畜も飼育されていて楽しい。施設の位置づけとしては宿泊も出来る日帰り温泉施設といった印象を受けた。

内湯は石板敷きの床にガラス張りの浴室空間。浴槽は6人サイズで床敷きの石板と同じ素材のもの。お湯は高温のために昨晩より浴槽へ入れて冷却していると女将さん。実際の湯使いは浴槽内のハードな吸い込み&吐き出しによる循環である。湯は無色透明、分析数値ほどの薄塩味を感じる。

露天風呂もある。15人ほどの石板張りの岩風呂?の印象で周りは塀に囲まれている造り。岩組み湯口より50L/minの投入があるがオーバーフローは不明。内湯同様に薄塩味、湯色については若干黄色を帯びたようにも見える。

湯上り後の休憩所もあり、館内も清潔なので一般受けする施設かと思う。
(10年4月)

(三昧)


以前「とらや」のあった敷地に、まったく新しく誕生した「傳習館」です。とらやが取り壊され更地となった後、高温の源泉だけがポツンと残され行く末を案じていましたが、新施設にて再び活用される事となり安心しました。新しい施設は木材やガラス窓を多用した明るい雰囲気です。

男女別浴室にはそれぞれ内湯と露天風呂があります。脱衣所を抜けると先ずは内湯ですが、6〜7人サイズの石造り長方形浴槽がひとつあり、無色透明の湯が満たされています。この浴槽の湯は、前日の夜間に高温の源泉を投入し、時間をかけてゆっくり冷ましつつ、加水せずとも朝までには入浴に適した温度にするという手の入れよう。立寄り受付開始後は、湯汚れ対策の為に循環を作動させている様子ですが、訪問した朝一番では、一晩かけてじっくり冷ました良い状態の湯味わう事ができました。

続く露天風呂は10人サイズ浴槽で、塀に囲まれ眺望などはありませんが、敷地内で飼われているニワトリの鳴き声を聞きながらのノンビリ湯浴みが楽しめました。湯はやや黄色がかっても見えるほぼ無色透明で、内湯と比べ「こなれ」感があります。こちらの湯使いは不明。

湯使い的にも、ここは朝一番の訪問がよいと思います。
(10年4月)

(まぐぞー)



男性内湯浴室


男性内湯浴槽


男性露天風呂



女性内湯浴室


ウッディな浴室


女性露天風呂



露天風呂湯口


仔ヤギがいました


ニワトリもいます


はしご湯のすすめ長野県の温泉