はしご湯のすすめ長野県の温泉


豊野温泉 りんごの湯 豊野温泉 りんごの湯

長野市豊野町石417
TEL(026)257-6161
10時〜22時/400円(18時以降250円)

訪問:09年9月

豊野温泉/ナトリウム・カルシウム-塩化物泉/42.4℃ 250L/min pH=7.8 溶存物質計=2422.6mg Li=0.2mg Na=635.0(68.76mv%) K=8.0 NH4=0.5 Mg=36.0 Ca=184.3(22.89) Sr=1.8 Ba=0.5 Mn=0.5 Fe2=1.8 F=0.3 Cl=1294(92.17) Br=4.0 I=1.8 SO4=13.3 HCO3=167.5 H2SiO3=65.0 HBO2=8.1 CO2=7.0 (H21.1.28)/※加温あり(冬季のみ)


周辺はりんご畑一面の立地、公営の立派系日帰り温泉センターです。入浴施設の他には定番の農産物販売所や温泉熱を利用した商品の販売、温泉スタンドまでもあります。5の付く日は浴槽内にりんごを浮かべた「りんご風呂」を楽しめるサービスがあり、ちょうど訪問した日がそれで、休日が重なり館内はかなりの賑わい様です。

内湯は20人オーバーの横長浴槽があります。湯面にはりんごが大量に浮かんでいて見るも面白いです。湯はくすんだ黄緑色で微濁、弱金気、弱塩、弱臭素、弱土類臭味を感じ、きしスベの浴感です。隅の湯口では源泉を投入、両端の湯枡からは熱交換後のぬるい湯を注いでいます。利用客が多かったせいか、湯の鮮度面はもうちょいの気がします。

露天風呂もありましたが、混雑で見学のみにしました。「北信濃の大パノラマとりんご畑が一望できる露天風呂」というのがウリのようです。
(09年9月)

(三昧)


長閑なリンゴ畑の広がる豊野町の立派な温泉施設です。見るからにお金のかかってそうな施設を手頃な値段で楽しめます。浴室は男女別に内湯+露天風呂があり、訪問時は休日の夕方とあってか大変な混みようでした。

脱衣所を抜けると先ずは内湯ですが、窓に沿って20人サイズの長方形浴槽がひとつあります。満たされるくすんだ緑色を帯びた湯は、いかにも鉄を含んでそう。湯口は三つ並んでいて、真ん中より源泉と思われる熱い湯を、その両側より冷ましてぬるめにした源泉を投入していました。一口含むと鉄風味と重曹の甘味、弱い塩味と、弱い臭素臭を感じます。キシキシながら表面がスルッと滑るような肌触りがあります。

続く露天風呂は一部が寝湯となった10人サイズ浴槽で、内湯と同じ源泉が利用されています。訪問時はたまたま「りんご風呂」の日で、内湯、露天風呂共にプカプカと浮かぶリンゴの甘い香りも楽しめました。難点は夕方の訪問で少し湯汚れが発生していた事かな。
(09年9月)

(まぐぞー)



周囲はリンゴ畑


一階は農産物直売所

※混んでいたので浴室画像はなし


はしご湯のすすめ長野県の温泉