はしご湯のすすめ長野県の温泉


立科温泉 権現の湯 立科温泉 権現の湯

北佐久郡立科町大字山部363-2
TEL(0267)56-0606
10時〜22時(21時30分まで受付)/400円
木曜日休み

訪問:09年6月

含銅-ナトリウム・カルシウム-塩化物泉/40.0℃ pH=7.4 溶存物質計=6947mg Na=1671mg(61.13mv%) K=19.4 Mg=30.5 Ca=860.9(36.13) Mn=0.7 Fe2=4.5 Cu=2.0 Zn=0.1 F=1.9 Cl=4058(96.27) Br=7.1 I=8.5 HS=0.3 SO4=140.9 HCO3=75.4 H2SiO3=33.2 HBO2=32.8 CO2=92.0 H2S=0.1 (H8.7.25)/※加水あり、加温あり、循環ろ過あり、塩素系薬剤使用あり


町営の立派な大型日帰り温泉センターです。こういうタイプの施設に積極的に訪れることはあまり無いのですが、ガイド本に掲載してある施設の泉質がどうしても気になり訪問してみました。

浴室には内湯浴槽やサウナや打たせ湯などを完備しています。施設自体が高台にあるので、浴室ガラス窓からの眺めは浅間連山が望めます。そのガラス窓沿いに浴槽を配置。30人サイズの大浴槽と10人サイズのジャグジー槽の二種類があります。

気になるお湯ですが、残念ながら源泉とは懸離れたものとなって利用されていました。まあ想像はしていましたが・・・。無色でやや微濁、カルキ臭を放ち弱塩味がするものです。

露天は眺望が良いです。屋根掛けされた石や岩を組み合わせた浴槽で6−7人サイズ大きさがあります。湯は僅かに黄色がかった透明湯、やはりカルキ臭。景色を見て外気に触れられるのだけが良し。
(09年6月)

(三昧)


立科町の公共施設、権現の湯です。運動公園に隣接し、一帯は広範囲に整備された立科町民のレクリエーションの場となっています。高台に建つ権現の湯はとにかく立派で大きい!エントランスから脱衣所、浴場まで広々しています。

先ずは内湯ですが、広々とした浴場の窓際に沿って、横長30人サイズのメイン浴槽と、5〜6人サイズのジャグジー槽があります。大きくとられた窓からは遠く浅間山一帯が見渡せ、内湯ながら開放感があります。肝心の湯は適温に調整された無色透明で、塩素投入の循環湯。残念ながら訪問時は塩素臭と共に循環湯から発せられる独特の古い湯の臭みが出ていました。

続く露天風呂は5〜6人サイズの岩風呂です。無色透明な中に、ごく僅かに褐色濁りを帯びたもので、こちらも塩素臭が強めです。ただ、内湯よりは温泉らしさが感じられたかな。

広々とした豪華系でシャワーなどの使い勝手もよく清潔なので、お湯を目当てにというより、施設や眺めを楽しむ為に訪れるといいかもしれません。なにより、この設備で400円というのは格安で、訪問時はファミリーを中心に賑わっていました。
(09年6月)

(まぐぞー)



男性内湯


別の角度から


男性露天風呂


はしご湯のすすめ長野県の温泉