はしご湯のすすめ静岡県の温泉


湯ヶ島温泉 河鹿の湯 湯ヶ島温泉 河鹿の湯

伊豆市湯ケ島
0558-85-1568
13時〜22時(までに退出)/250円/水曜日休み

訪問:01年〜03年3月数回、13年10月

西平泉 湯ヶ島29号/カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉/46.8℃ pH=? 成分総計=1146mg Na=140.5mg(38.79mv%) K=5.7 Mg=0.9 Ca=188.7(59.81) HCO3=42.8 Cl=28.1 SO4=689.2(90.59) H2SiO3=43.9 HBO2=0.7 CO2=5.3 (H21.11.16) ※温泉利用状況=掲示見当たらず→以前の分析はページの下


「河鹿の湯」は湯ヶ島温泉にある共同浴場の一つである。伊豆には始めて訪問しましたが、泉質といい、街並みといい、すっかり気に入ってしまいました。今回、町役場にて地図やらガイドやらを入手しての共同浴場&湯道散策と決め込みました。狩野川沿いに位置していて、共同浴場隣には、有名な「湯本館」があります。

自動販売機で入湯券を購入する仕組みで浴室へ向かう。浴槽はタイル貼りの内湯が一つだけの、とてもシンプルで良い。浴槽には無色透明のきれいなお湯がドカドカと投入されています。42℃ほどの湯は適温で、何度も出たり入ったりして楽しんでしまいました。当然掛け流しで無色透明、甘い臭い無味の湯は、とてもよく暖まりました。カランからも温泉が出てくる仕組みです。地元の方により、毎日の源泉の温度がしっかりとチェックされていて、それをグラフで見る事ができました。見てみると台風や大雨の日は、源泉温度が50℃近くにまで上昇しているのが分かる。
(03年3月)

………………

22時までの営業時間だったが21時45分到着、番台のオジサン「いいよ入っていって」と言う。今回の「河鹿の湯」訪問は10年振りとなりました。施設建物、浴室などは特に変化は無いと思われますが、なんせ10年振りなので変化に気づかないだけなのかも知れません。

訪問時はちょうど近所の親子が入浴中。タイル張りのフィールドトラック型の詰めて4人サイズの浴槽がひとつだけあり、石から突き出た塩ビ湯口より40/minもの湯を浴槽へ注ぎ込んでいます。この浴槽サイズからして十分以上な投入量、おかげで鮮度は抜群なコンディションです。無色透明、石膏臭に弱とろみ感、独特のキシキシ感が楽しめます。文句のない掛け流しで良い再訪となりました。
(13年10月)

(三昧)



静かな温泉地「湯ヶ島」の細い小道を進むと現れる、狩野川沿いの素朴な浴舎です。券売機設置、管理人さんも常駐しています。

浴舎には男女別に内湯がひとつづつあり、女性側には3〜4人サイズの小判型浴槽がひとつ。カエル置物が置かれ、その足元から無色透明、ピリッと熱めの湯が滔々と流し込まれています。浴槽サイズにして充分な投入量があり鮮度良好の掛け流し。上品な石膏臭の香る湯は、昼・夜どの時間帯に訪問しても湯汚れ無く満足度が高いです。特に昼間の訪問では窓の外に狩野川の美しい流れが近く心から癒されます。今回、約10年ぶりの再訪でしたが、以前と変わる事なく美しい湯で湯浴みを楽しませていただきました。
(13年10月)

(まぐぞー)




女性浴室


別の角度から


湯口



03年の女性浴室


湯温の変化グラフ


犬猫風呂

【以前の分析】西平泉 湯ヶ島29号/カルシウム・ナトリウム−硫酸塩泉/46.0℃(使用位置42.0℃) pH=? 成分総計=1150mg Ca=185.4mg Na=147.6 SO4=683.9 HCO3=34.0 Cl=28.5 (H12.6.23)


はしご湯のすすめ静岡県の温泉