はしご湯のすすめ大分県の温泉


別府温泉 豊泉荘 別府温泉 豊泉荘

別府市青山町5-73
TEL(0977)23-4281
13時30分〜20時まで受付/400円

※加水あり(清掃後のみ)、塩素系薬剤使用あり

訪問:08年1月



公共の宿泊施設の豊泉荘。公共というだけあってか規模も大きなお宿です。広い館内、目指すは内湯浴室へ。湿気&熱気がたっぷりと満たされている浴室で、早々にカメラレンズが曇ってしまいます。25人程度はいけそうな広い浴槽は全面が御影石造りのもので大人数対応となっています。やや緑がかった透明湯はギチギチ浴感で弱温泉臭が香ります。湯口ではカルキ臭が少々。これは貯温泉槽内に塩素消毒をしているためでしょう。とりあえずは掛け流し。

露天風呂は内湯から一度着替えをして移動しないと利用できない場所にある。庭園中庭?を通りぬけて進んで行くとその先に露天風呂はあった。半分ほど屋根掛けされた5-6人サイズの岩風呂といった感じか。薄く緑がかった透明湯、ギチギチ浴感あり。湯は薄く緑がかった透明湯、43℃に調整されています。排湯口や浴槽のフチにはトゲチゲ状の温泉成分の析出がたっぷりと付着しています。重曹系の温泉で湯上り後は肌がガビガビです。

家族湯は浴室扉を開けると驚きと落胆の二本だて。浴槽からオーバーフローする箇所を見ると、結構な赤茶色などの温泉析出物がたっぷりと付着しています。これには目が釘づけされましたが、カルキ臭も相当なものでした。
(08年1月)

(三昧)



別府にある、とても大きく立派な保養所です。敷地内には二箇所の浴場エリアがあり、ひとつは男女別内湯と家族湯、もうひとつが男女別露天風呂となっています。内湯と露天風呂は離れているので、一度着替えてからの移動となります。

まず我が家が向かったのは内湯。女性側には10人ほど入られそうな長方形浴槽がひとつあり、適温の湯が溢れています。ややくすんだ緑茶がかっても見える透明湯で、洗い場の湯の通り道は析出物ビッチリ。ただし湯口では塩素臭も少々。また、内湯の近くには家族湯もあり、マニアが鼻息荒くコーフンしそうな析出物ビッチリの小浴槽(2人サイズ)に湯が溢れているのですが、なにしろ塩素臭が凄い( ^ ^ ;)清掃直後だったのかも。

お次は露天風呂へ。ちょっとした庭園のような所に男女別露天風呂があり、女性側には弓状の3人サイズ浴槽がひとつあります。段になった湯口より熱い湯が流し込まれ、湯冷まししつつ浴槽内へ投入する仕組み。浴槽内で適温の湯は、ごく薄く緑がかっても見える透明で、露天風呂という事もあってか少し「こなれた」印象。湯口では粉っぽい臭いが漂います。
(08年1月)

(まぐぞー)




男性内湯



家族湯



男性露天風呂



女性露天風呂


湯口


湯口の析出物


はしご湯のすすめ大分県の温泉