はしご湯のすすめ富山県の温泉


名剣温泉 名剣温泉旅館
名剣温泉 名剣温泉旅館

富山県下新川郡宇奈月黒部奥山
TEL(0765)52-1355
10時〜16時/600円
宿泊しました:一泊二食14500円程を利用(詳しい料金失念)
備考:冬期(トロッコ運休時)休業

訪問:99年(泊)



黒部トロッコ列車の終点「欅平駅」から歩いて約15分の所にある山の御宿です。実はここ、●●年前に一度立ち寄り入浴で来た事があるのです。今回は初めての宿泊。お部屋はちょっぴりフンパツして渓流のよく見えるお部屋にしてもらいました。

早速露天風呂へ行くと…「?」以前と随分様子が違う。改装したのかしら?それに以前は随分熱い湯だったと記憶していたのですが、今回は程良い湯加減。過ぎ去る年月により源泉の様子が変わったのかな??…と、いろいろ「?」を考えつつ、渓流を眺める露天風呂に入ったのであります。
浴槽は男女別に露天風呂がひとつづつ。どちらも渓流を眺めながら湯浴みが出来るのですが、女湯の方は近くで行っている工事の発破から飛散する石を防ぐ為か、半分程をブルーシートで囲われていて興醒めしてしまった。浴槽にはランプの照明が下がり、夜はなかなかの風情でした。この他に内風呂もあるのですが、こちらは普通の岩風呂といった感じ。体を流す時だけ入って、後は全部露天風呂で湯浴みをしました。

御食事は食事処のような部屋で他のお客さんと一緒にいただきました。旅館によくあるパターンです。若い従業員の方々がテキパキと用意をしてくれました。さて食事の内容ですが、山の幸中心の特に豪華というワケでもなく、かといって質素でもないといった感じ。ここまで食材を運ぶ手間を考えたら、これだけの料理を出してくれるのは本当にありがたい事だなぁーと思いました。量的には丁度良かったです。ただ、肝心のご飯が臭かったのが気になりました。古い米の臭いというか、兎に角嫌な臭いがするのです。(他のお客さんも臭いと言っていたので、私の気のせいではないと思います)

ここは秘湯の宿として大人気らしく、平日だというのに大勢のお客さんで賑わっていました。ロビーに置かれた訪問記念ノートにも秘湯という文字が踊ります。山の中にしてはかなりの訪問客で、私の中にある秘湯とは随分イメージが違いました。●●年前に訪問した時は、もっと、ずっと秘湯な感じだったように記憶していますが。まぁ、過去ばかり振り返っていてもしょうがない事ですがね。
(99年10月宿泊の感想)

(まぐぞー)



峡谷沿いにポツンと見える御宿





男性露天風呂





部屋からの眺め
丁度、工事の発破が
「ドカーン!」と行われた瞬間
右側に土砂が流れ込むのが見えます


はしご湯のすすめ富山県の温泉