はしご湯のすすめ岐阜県の温泉


福地温泉 湯元長座
福地温泉 湯元長座

高山市奥飛騨温泉郷福地786
TEL(0578)9-0099
立寄りの受付は?
宿泊しました:一泊二食20000円程(詳しい料金失念^^;)

訪問:99年10月(泊)



飛騨造りという重厚な建物が雰囲気満点で大変良いです。秘湯を守る会の中では少々お高めな宿泊料金ですが、料理やお部屋を考えれば納得できます。サービスの点では、まぁ平均的といった感じでしたが。通されたのは黒光りした柱が重厚感溢れる、中庭に面した部屋でした。窓に面して椅子とテーブルが置かれ、そこに座ってのんびりすると日常生活から気持ちが開放されるようです。

浴室は男女別に山小屋風の内湯、そして池のように広々とした露天風呂があります。露天風呂には提灯が下がり、淡い明かりの中での湯浴みは格別な雰囲気がありました。20代位の娘さんと、そのお母さんらしき人が、露天風呂に浸かりながら「なんか金魚になった気分」と笑っていたのが印象的。また、みっつの貸しきり風呂もあり、こちらも小さいながら、内風呂と露天風呂があります。貸しきり風呂の露天は、狭く周囲を塀で囲まれているので開放感はいまひとつですが、かなり満足のいく造りと雰囲気になっています。しいて言えば一番左端の浴室が良かったかな?この貸しきり風呂へ行くまでの廊下もいい感じでした。

食事は朝夕共に個室の食事処へ通されます。ここには囲炉裏があり、飛騨ならではの郷土料理や、炉端焼き等、様々な料理を美味しくいただきました(かなりボリュームがあります)。夕食中に一度御宿の御主人が挨拶に来ます。この夕食時に挨拶っていうのはどこの旅館も定番なのか、せっかくの団欒を中断しなくてはならず鬱陶しい。せめて、食事を一通り終えた頃を見計らって来て欲しい。

和風な造りの御宿は女性好みしそう。ひとつ残念な事といえば、翌朝布団の上に置いておいた自前のタオル2枚が、旅館側が布団を上げた後、部屋の端に無造作に投げ捨てられていた事。
(99年10月宿泊の感想)

(まぐぞー)



朝の露天風呂(女性用)



女性内風呂


貸しきり風呂への廊下


貸し切り風呂


宿泊した部屋


食事は囲炉裏の個室で


はしご湯のすすめ岐阜県の温泉