はしご湯のすすめ大分県の温泉


湯平温泉 金の湯 湯平温泉 金の湯

由布市湯布院町湯平
6時〜22時/100円

訪問:06年4月

中津留2号源泉/ナトリウム−塩化物泉/泉温=? pH=8.5 溶存物質計=2182mg Li=2.4mg Na=637.0(90.47mv%) K=30.9 NH4=15.5 Mg=1.4 Ca=15.6 Sr=0.8 Fe2=0.3 F=2.0 Cl=827.0(75.53) Br=2.0 SO4=83.1 HCO3=244.0 CO3=51.0 HAsO=0.5 H2SiO3=232.0 HBO2=36.1 (H17.6.16)/※(温泉成分に影響をあたえる項目)全てなし


川沿いにある共同浴場の「金の湯」です。アパートにも見える建物の一階部分が共同浴場になっています。湯平の他の共同浴場と比較してやや広めの浴槽は、大人6人は入れる広さで1.7×3.5mサイズの長方形タイル造りのものです。利用源泉は「中の湯」「中央温泉」の両共同浴場と同じものを利用している。薄黄色系の透明湯、つるすべ感を持っています。10L/minほどの源泉投入、新鮮〜湯なまりの中間程のコンディションでした。浴槽に橋の様に架けられてある寝っころがりの為の枕付きの板は??どうやって使うのかは不明。
(06年4月)

(三昧)


湯平温泉街の一番奥、石畳をてくてく上った先にある共同浴場。飾り気の無い素朴なタイル浴槽は「これぞ日々の生活湯」といった趣。6〜7人サイズの長方形浴槽に満たされる熱湯は緑茶色にも見えます。源泉井に近いのか、はたまた浴槽が大きいからか、湯平にある共同浴場の中でも一番湯の投入量が多かった(この日が、たまたまかも?)。その為、浴槽内でやや熱め。鮮度もまずまず。弱つる浴感の心地よい湯です。すぐ近くには足湯と飲泉所もあり。
(06年4月)

(まぐぞー)



男性浴室


枕付きの板(男性)


女性浴室



金の湯入口


飲泉場


足湯


はしご湯のすすめ大分県の温泉