はしご湯のすすめ大分県の温泉


湯平温泉 橋本温泉 湯平温泉 橋本温泉

由布市湯布院町湯平
6時〜22時/200円

訪問:06年4月

銀の湯温泉/アルカリ性単純温泉/泉温=? pH=8.8 溶存物質計=600mg Li=0.2mg Na=155.0(95.58mv%) K=2.2 Ca=4.5 Sr=0.1 F=0.6 Cl=59.0(22.40) Br=0.1 OH=0.1 SO4=49.3 HCO3=195.0(43.02) CO3=45.1(20.23) (H17.6.16)


湯平温泉の観光客用駐車場より、一番近くにある共同浴場の「橋本温泉」。なのでそこが湯平温泉での一湯目となった。湯平温泉を湯巡りするには、まずは先述の駐車場に車を駐車。そこからは徒歩での湯巡りとなります。緩やかな坂道や階段を歩くのでちょっとした良い運動になります。

ちょうど訪れた日は「銀の湯共同浴場」と「飲泉場」のオープン記念で、共同浴場の利用料金は無料。浴室内の天井は高い設計で換気は良好。2×3mのサイズ浴槽はタイル張りのもので、湯船中央では木の仕切り板にて区切られている。仕切りを設けることで温長をつけたいものと思われる。お湯は無色透明、ややとろみ感につるすべ浴感がある。源泉は浴槽内の小さな穴より直接注入方式だが、浴槽では明かに鮮度不足。少量のみの注入で溢れ出しが全く無い状態である。いつもとは違い、たまたまこういうコンディションだったのかも知れない。
(06年4月)

(三昧)


近くには全国に名の知れた観光地「由布院」がある。その為かどうか、いまひとつ知名度が低い感の湯平温泉。が、そのぶん静かで落ち着いた、どこか艶のある湯治場風情が満喫できる。細くのびる石畳の坂道、軒を連ねる湯宿や商店など、どこを切り取っても絵になる。そんな湯平温泉には、徒歩圏内の狭い範囲に幾つかの小さな共同湯が点在している。橋本温泉もそのひとつ。なかなか風情ある佇まいに旅情かきたてられます。

女性浴室には二つに仕切られた内湯浴槽がひとつ。片方が3人サイズで、もう片方が4人サイズとなっています。浴槽サイズにしては随分少量の湯が投入され、3人サイズの方が適温〜ぬるめ、4人サイズがぬるめとなっていました。無色透明のスベスベ湯なのですが、なにしろ投入量が少なく、加えて皆さん浴槽内の湯をすくって体を流すので常に溜め湯状態。湯汚れも目立ち、あまり気持ちの良い状態ではありませんでした。ただ、この湯の状態を地元の方も「これじゃあ温まらない」と皆さんブーイングだったので、この日がたまたま投入量が少なかったのかも。ここはまたの機会に再訪問してみたいトコです。
(06年4月)

(まぐぞー)



橋本温泉


お薬師さま


入浴料などの貼り紙



男性浴室


浴槽


別の角度から



脱衣スペースから
女性浴室


女性浴室


女性浴槽


はしご湯のすすめ大分県の温泉