はしご湯のすすめ大分県の温泉


あたみ温泉 あたみ温泉

大分市末広町1丁目3-4
TEL(097)532-4324
14時〜23時/300円/火曜日休み

あたみ温泉
ナトリウム−炭酸水素塩・塩化物泉
52.6℃ pH=8.4 掘削700m動力 蒸発残留物=1290mg
Li=0.4mg Na=406.0(86.38mv%) K=85.5 NH4=2.5 Mg=0.4 Ca=7.3 Mn=0.1 F=1.6
Cl=139.0(20.43) SO4=2.5 HPO4=0.9 HCO3=867.0(74.04) CO3=54.0 OH=0.1
(H15.7.11)

※加水なし、加温なし、循環なし、消毒なし


大分駅のすぐ裏手にある温泉。居酒屋や小料理屋に混ざって突如銭湯が出現する。そんなんで、電車の乗り継ぎ時など、ちょいと時間が空いた時に立寄ってもいいかもしんない。館内は比較的こぢんまりとした造りで、昔ながらの銭湯でよく見る箱型ロッカーが並ぶ。浴場には二つに仕切られた、これまた銭湯御馴染みの浴槽。片方が2人サイズ、もう片方が4人サイズとなっています。東京都内の銭湯では小さい方が熱湯の事が多いのですが、こちらは逆。小さい浴槽のみ自由加水の「ぬるめ」となっていました。

熱湯浴槽では、愛嬌あるゾウの湯口より「ドドドッ」と薄茶色の熱湯が投入され、浴槽内でもかなり熱め。最初「うわ、この熱さキツイな」と思ってしまった程。が、入ってみるとツルスベ浴感に加え、キリリッとした心地よさがあり、妙にクセになりそうです。湯面からは鉱物的な独特の臭いも漂います。とても爽やかな印象の、サッパリとした夏向き湯。浴後の爽快感は格別なものがありました。カランも温泉利用。ゾウの湯口も気に入ったので、また来たい。
(06年4月)

(まぐぞー)




女性浴槽


ぞうの湯口


横から


はしご湯のすすめ大分県の温泉