はしご湯のすすめ大分県の温泉


九日天温泉 九日天温泉

別府市上田の湯町15-8
TEL(0977)21-1304
6時〜11時、14時〜23時/100円

訪問:04年3月、08年1月、11年7月

上田ノ湯九日天温泉/ナトリウム・カルシウム・マグネシウム-炭酸水素塩泉


街中に佇む共同浴場です。浴場正面には昔ながらの赤い円柱ポストがあるのが目印になります。ここの浴場も料金100円で利用できるのは嬉しいです。

浴室中央にはタイル張り4-5人サイズの浴槽があり、浴室隅っこには湯坪があってここから浴槽へドンドコと湯を投入しています。薄っすらと緑がかった色をしており、別府では珍しい部類に入るかと思います。弱いスベスベ感にほとんど無味無臭の湯です。46-47℃の湯温なので、ゆったりと湯に浸かるには厳しいです。湯上り後には肌がガビガビしてきます。分析書確認できず、でしたが特徴からして重曹泉タイプの湯と推測。なかなかの温泉です。
(08年1月)

………………

夕方6-7時の地元民で賑わう時間帯に訪問した。利用客はみな近所の方々のようだ。男湯は賑わっていて混雑状態といったほうが正解だろう。

そんな中、近所の子供がタオルも持参せず、家の人にも言わずに一人で黙って風呂に来たようで、地元のオジサンが世話をしてあげている。「風呂に入る前に自分で身体を洗うんだ」「ばあちゃんがタオルを持たせない訳がない」などの会話が耳に入ってくる。それを見ていた他のオジサンが「どこの子供だい?」と訊く。久しぶりに昭和の日本人を垣間見たような気がします。

さて、温泉ですが前回訪問時は緑がかったようにも見えましたが今回は無色透明でした。この事も確認したく訪問した次第でした。
(11年7月)

(三昧)


数年ぶり、3度目の訪問です。「田の湯」の上の方に位置している為か「上田の湯温泉」と呼ばれている共同浴場です。入口横には昔ながらの赤い丸ポストが置かれています。入口には管理人さん常駐。

女性浴室中央には5人サイズの長方形浴槽がひとつあり、熱い源泉が浴槽内より注入されています。ほぼ無色透明ですが、04年は薄く黄色がかったように見え、08年は僅かに緑がかって見えました。「さて今回は?」と楽しみに訪問してみたところ、目視の限りでは無色透明。今回訪問時は夕方のピーク過ぎだったためか、湯はややこなれ気味で(湯汚れはない)、適温の優しい入り心地となっていました。湯面からは優しい温泉臭が漂い、なんとも心地よい湯浴みを楽しむ事ができました。
(11年7月)

(まぐぞー)



女性(11年)


女性(11年)


女性(11年)


はしご湯のすすめ大分県の温泉