はしご湯のすすめ大分県の温泉


別府温泉 春日温泉 別府温泉 春日温泉

別府市駅前本町6-16
0977-23-1486
6時30分〜11時30分、15時〜23時
100円

訪問:06年4月、13年11月



春日温泉は公民館、自治会事務所が入っている建物の一角に共同浴場が併設している、といった感じの共同浴場です。「春日温泉」の看板を見逃し一度は通り過ぎてしまい程に、周囲に溶け込んでいる建物です。印象的な水色塗りの建物で、建物横に温泉入り口があります。建物の敷地裏手には源泉があり、ボコボコと音をたてていました。

入り口より数段下に浴槽と脱衣所が一体化している別府では普通の造りの春日温泉。外は小雨で少し薄暗い浴室でしたが、そのまま湯浴みする。4人ほどの入れる浴槽はタイル造りの簡易なものです。そこにちょっとキシむ感じの無色透明、ほぼ無味で弱温泉臭のする湯がなみなみと満たされています。湯温は44℃。隠れた感じの鄙び系共同浴場という印象。
(06年4月)

………………

数年前と特別な変化はないように見える春日温泉。分析書も変わらずに掲示ないので、泉質も不明なままである。早朝の営業開始直後で先客は誰もいない。掛け湯して湯に浸かる。少しこなれた感じの湯は、昨晩からの残り湯だろう。浴室隅っこにある湯溜め槽の栓を抜き、投入湯量全開でしばし湯浴みを楽しむ。入浴が終了したら「栓を立てていくように」と注意書きがあった。「水道代が過去最高を記録しました」との案内も掲示があったので、加水による温度調整より湯量を絞って調整、ということらしい。因みに一般組合員で月額1200円、地区外組合員でも同額の利用料金、ひと月何度浸かってもこの料金はお得に思えてしまいます。
(13年11月)

(三昧)



下町風情の残る町並みに溶け込んだ鄙びの共同浴場です。木造の建物はかなり古びていて、外観は勿論、男女別浴室も雰囲気満点。4〜5人入られる四角い浴槽には熱めの無色透明湯が投入され、浴槽内で適温。土類系の何とも言えぬ薬臭が漂うギチギチ湯です。男女の仕切り部分にある古びた石塔は春日温泉に関するものでしょうか?そんな石塔も相まって、何とも不思議空間の春日温泉でした。
(06年4月)

………………

数年ぶりに再訪してみました。今回は朝一番の訪問です。相変わらずの鄙び風情満点な佇まい、そして浴室内も以前のままです。朝一番湯だったためか、浴槽底からジワジワと投入される湯は一点の曇りも無いクリアな無色透明で、湯面からは優しい温泉臭が香ります。別府にしては元々あまり熱くない湯で、浴槽内でも適温、朝から気持ちのよい掛け流しを堪能できました。
(13年11月)

(まぐぞー)




右を入ります


受付(無人)


浴場入り口



男性浴室


別の角度から


浴槽



女性浴室


浴槽


浴槽から



源泉枡


お薬師様


外の源泉


はしご湯のすすめ大分県の温泉