はしご湯のすすめ大分県の温泉


かわにし温泉 かわにし温泉

由布市湯布院町中川1358-1
TEL(0977)84-5022(川西農村健康交流センター)
8時〜22時/100円

訪問:06年4月

農村健康交流センター源泉/アルカリ性単純温泉(Na-SO4・HCO3)/47.8℃ pH=? 41.3L/min 溶存物質計=894.4mg Na=201.0mg(88.37mv%) K=20.3 Mg=0.5 Ca=9.5 Fe2=0.3 Al=0.6 Zn=1.2 F=0.6 Cl=22.0 Br=0.3 SO4=248.0(49.57) HCO3=268.0(42.17) CO3=6.4 OH=0.1 HBO2=1.6 H2SiO3=114.1 CO2=1.1 (H7.6.19)/※加水なし、加温なし、循環ろ過なし、入浴剤使用なし、消毒なし


JR久大本線・南由布駅近く、「道の駅」ならぬ「里の駅・農産物直売所」に併設されている共同浴場風な温泉施設です。国道201号沿いにあるので迷う事はないと思います。瓦屋根の木造浴舎は無人の施設で、利用者は入湯料をゲートに入れて入場する仕組みになっています。

浴槽は1.8×3.2mの広さのもので適温の42℃ほどの湯が満たされてます。塩ビのホースが浴槽内に伸びており、そこから10L/minほどの源泉が静かに浴槽内に注がれています。無色透明でややとろみを感じる湯、弱いつるすべに若干のキシむ浴感があります。幾分、大人しいタイプの温泉ですがとてもまったりと肌によく馴染む湯で浸かっていて気持ちがいいです。JR由布院駅周辺に多数ある温泉宿や共同浴場にも是非とも浸かってみたいと思います。
(06年4月)

(三昧)


農産物直売所の奥に佇む湯小屋です。管理人さんはなく、遊園地のようなゲートに料金を投入して湯浴みする仕組み。男女別浴室には各々長方形の石造り浴槽があり、女性側は6〜8人サイズ。静かに流し込まれる湯は無色透明。適温〜ややぬるめで、まったりと湯浴みができる温度です。なかなかのトロミ湯で弱キシ浴感、石膏風味の臭いが漂い、芯からポカポカ。おとなしめな見かけによらず結構な浴感有り。浴後は肌がガビガビで、保湿必須でした。
(06年4月)

(まぐぞー)



入口


男性浴室


別の角度から



女性浴室


時間の案内


まつられていた仏像


はしご湯のすすめ大分県の温泉