はしご湯のすすめ長野県の温泉


渋温泉 五番湯 松の湯 渋温泉 五番湯 松の湯

下高井郡山ノ内町渋温泉
6時〜22時/宿泊客のみ開放

訪問:02年、03年10月、14年1月

横湯第一ボーリング、横湯第二ボーリング、熱の湯混合(浴槽湯口における分析)/ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉/70.5℃ pH=7.6 溶存物質計=1268mg Li=0.8mg Na=250.0(66.62mv%) K=29.3 NH4=0.1 Mg=0.8 Ca=92.9(28.12) Sr=0.4 Mn=0.3 F=1.1 Cl=350.7(59.88) Br=1.7 I=0.4 NO3=0.3 SO4=284.4(35.84) HPO4=0.8 HCO3=36.6 H2SiO3=158.1 HBO2=58.2 HAsO2=1.2 CO2=4.2 (H18.6.14)/※温泉利用状況=全ての項目において該当なし


五番湯は通称・松の湯。ココが宿泊先の「政喜旅館」から一番近いところにあり行き易かった。昼の1時に訪問する。先客は誰もおらず貸切独占状態での利用となった。浴場内は冷気で湯気がモウモウと立ち込めている。約10年ぶりの再訪で、以前と比べタイルが新しくなっていた。浴室空間には、なぜか燻製のような香りが漂う。

浴室中央に縦長のタイル張り三人サイズ浴槽を配置する。浴室端にある湯溜め槽から浴槽まで木樋を通じて源泉投入している。誰も利用していなかったらしく、浴槽湯は熱湯でとても入浴できる温度ではない。蛇口を全開にして勢いよく加水を行う。しかし、熱すぎるので加水しても長時間での全身入浴は無理と判断。掛け湯をたっぷりして、サッと入浴し〆にした。湯は無色透明、香ばしい温泉臭を感じるものであった。女湯も激熱でキビしかったようだ。
(14年1月)

(三昧)



温泉街到着後、先ず最初に訪れた共同浴場です。こぢんまりとした浴室はスッキリとしたタイルばりで、3人サイズの長方形タイル浴槽がひとあります。

訪問時はまだ誰も浸かっていない湯溜め直後だったようで、一点の曇もない無色透明の湯がサラサラと溢れていました。ところが掛け湯をしてビックリ、物凄い激熱湯です。加水を試みるも一向に湯温は下がらず、意を決しての入浴となりました。鮮度抜群なのは勿論の事ですが、「竹の湯」と同源泉ながらなぜか一種独特の焦げゴム臭が仄かに漂います。欲を言えば、もう少し適温でリラックスして浸かりたかったなぁ。ちなみに以前訪問時では逆に加水され過ぎた後で、かなり「ぬるく」残念だった記憶もあり、湯温管理の大変さを感じました。
(14年1月)

(まぐぞー)




男性浴室


浴槽


湯口



女性浴室


浴槽


湯口





掲示


02年女性浴室


はしご湯のすすめ長野県の温泉