はしご湯のすすめ長野県の温泉


渋温泉 二番湯 笹の湯 渋温泉 二番湯 笹の湯

下高井郡山ノ内町渋温泉
6時〜22時/宿泊客のみ開放

訪問:02年、03年10月、14年1月

渋温泉総合源泉(比良の湯、薬師の湯、とんびの湯の混合泉)/ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉/57.7℃ pH=4.0 溶存物質系=1159mg H=0.1mg Li=0.4 Na=169.5(46.62mv%) K=18.8 Mg=16.9 Ca=104.4(32.95) Sr=0.4 Al=8.4 Mn=0.8 Fe2=6.5 F=1.3 Cl=214.0(39.63) Br=1.2 I=0.3 HSO4=1.4 SO4=436.8(59.64) H2PO4=0.4 H2SiO3=145.1 HBO2=32.2 HAsO2=0.5 CO2=44.4 (H18.5.25)/※温泉利用状況=全ての項目において該当なし


二番湯は通称・笹の湯。角タイル張りの縦長造り浴槽はシンプル設計の三人サイズ。浴室床は白やクリーム、茶系の温泉析出物で見事にコーティングされている。訪問時は湯口バルブが閉められていて、いわゆる溜め湯状態で湯温は42℃の適温でした。湯浴み中はバルブを開けて源泉を投入。浴槽湯は微濁り、弱薬臭、弱キシキシ浴感を感じる。溜め湯状態だったからか、若干、湯の鮮度感にパワーが感じられなかった。一番湯と源泉は同一のものを利用しているが、湯使いやら訪問時間帯で湯の感じも違うので、比較するのもなかなか面白い。
(14年1月)

(三昧)



一番湯の次に訪問したのが、コチラ二番湯です。こぢんまりとした外観の共同浴場で、他所と同様入口前に地元民専用の湯汲み場があります。

浴室内はやや手狭な印象で、つめて3人サイズの長方形浴槽がひとつあります。訪問時、男性側は湯口が閉められていたそうですが、コチラは逆に湯口の塩ビ管からはビックリする程の熱湯が、ビックリする程ドバドバと投入されていました。おそらくは男性側への送湯がストップしていた分、全量コチラに流れ込んでいたものと思われます。無色透明の湯は溢れ出しすら激熱で仕方なく加水、それでも浸かるまでに時間がかかってしまいました。湯の鮮度の加減かはわかりませんが、先ほど入った初湯と同源泉とは思えぬほど印象が違います。コチラはかなり芒哨臭が目立ちスッキリとした印象です。あまりの違いに「本当に同源泉?」と何度も分析表を見なおしてしまいました。
(14年1月)

(まぐぞー)




掲示


男性浴室


湯口



女性浴室


浴槽


湯口


はしご湯のすすめ長野県の温泉