はしご湯のすすめ鹿児島県の温泉


雪松温泉
雪松温泉

姶良郡湧水町鶴丸14-1
TEL(0995)75-3616
6時30分〜21時/250円


単純温泉(Na-HCO3)
50.5℃ pH=8.0 溶存物質計=922mg
Li=0.1mg Na=169.2(77.56mv%) K=20.1 NH4=15.7 Mg=5.2 Ca=6.2 Fe2=0.1 F=0.7
Cl=26.2 SO4=1.5 HPO4=2.8 HCO3=455.5(76.30) CO3=42.1 HAsO2=0.3
H2SiO3=171.8 HBO2=2.0 CO2=6.4
(H14.9.3)

※衛生管理のため、浴槽水で塩素系薬剤を使用しています。



鹿児島と宮崎の県境近くにある温泉公衆浴場です。赤い三角屋根が目に付く独立した湯小屋の外観です。受付は隣にある民家に受付があるのでココで申し出ます。ちょうどお昼時で、管理人さんはランチタイム中。料金は250円也。湯小屋内は男女別の内湯が一つとポツン。薄紅茶色透明、茶褐色の湯華が舞っています。湯はモール泉と思われ、つるすべ感があります。1.6×2.3mのタイル浴槽に並々と満たされており、たっぷりの溢れだしがあります、どういうわけか女湯にはオーバーフローが無かったそうです。43℃と熱め湯はモール臭がいい香り。こういう公衆浴場に毎日当たり前のように通っている地元民が心底羨ましいと思いました。
(05年12月)

(三昧)



長閑な地に建つ、いかにも「共同浴場です」といった佇まいの湯小屋。受付もあり管理人さんもいる。男女別浴室は4人サイズのタイル浴槽がひとつづつ。バルブの付いた湯口より、モールの代表みたいなウーロン茶色の湯が流し込まれています。木材のような植物系の香ばしい臭い漂う湯で、細かな何かのカスのような黒っぽい湯花も少し。ツルスベ浴感の湯はモールっぽい味も。

それにしても、湯の投入量の割に、人が入っていない時の溢れ出しがない。浴槽から出て5分待つも溢れない。いつまで経っても浴槽縁でピタ止まり。おかしいなぁー、と思っていたらば、女性浴槽と男性浴槽の仕切り部分に小さな穴が開いていたので、多分、ここで向こう側にお湯が流れ込み、男性側で溢れ出す仕組みだったのかもしれない???まぁ、そんな事、どうでもいい事ですが。
(05年12月)

(まぐぞー)




受付



男性浴室



ウーロン茶色の湯



女性浴室



湯口


はしご湯のすすめ鹿児島県の温泉