はしご湯のすすめ鹿児島県の温泉


日当山温泉 西郷どん湯
日当山温泉 西郷どん湯

霧島市隼人町内1465
TEL(0995)43-3870
6時〜21時30分/250円/第4月曜日休み


日当山36号
ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉
49.6℃ pH=7.8 溶存物質計=1189mg
Na=296.3mg(87.87mv%) K=26.0 NH4=0.6 Mg=8.6 Ca=7.6 F=0.9 Cl=237.4(44.02)
Br=1.0 SO4=33.9 HCO3=442.4(47.63) CO3=15.0 H2SiO3=119.1 H2S=11.8
(H15.2.28)

※上記掲示の数値の中で「H2S=11.8」とありますが、掲示されていたそのままを転記しました。
おそらくCO2=11.8の誤りと推測します。(三昧)

※衛生管理のため、すべての浴槽で塩素系薬剤を使用



霧島市隼人地区には日当山(ひなたやま)温泉を中心にして数多くの湯が湧出しています。天降川沿いに「西郷どん湯」公衆浴場があり、名前が気に入り立ち寄ってみた。道路を挟んで公衆浴場の対面には「日当山・西郷どん湯」というお宿があり、ここが公衆浴場も経営しているようでした。

無人の公衆浴場で番台にある箱に湯銭を各自入れる様になっています。男女別の内湯のみでタイル張りのシンプルな浴槽が一つあるのみです。湯気が充満している浴室で写真撮影は苦労。仕切りで二つに仕切られている浴槽は、それぞれに塩ビ管より10L/minちょいの源泉が注がれていました。それぞれ3人ほどが入る事が出来る広さです。備え付けの温度計を見てみると片方の浴槽は46℃と激熱、片方は体感で44℃ほど。無色透明、弱重曹味、ほんのり塩気を感じる湯。ちょいと熱かったので浴感どうこうでは無かった、浴室の隅っこには飲泉場もありgood。キリッとさっぱり、目が覚める思いのする湯であった。
(05年12月)

(三昧)



隼人町の住宅街、天降川周辺には沢山の温泉施設が点在しています。どこへ行こうか迷うトコですが、「西郷どん」という名前が気に入り、ここに立寄ってみる事に。天降川沿いを進むと、お宿と公衆浴場が細い道を挟んで向かい合っています。今回利用したのは公衆浴場の方です。

公衆浴場は基本的に無人で、料金箱にお金を入れる仕組み。男女別浴室には、ふたつに仕切られたタイル浴槽があり、各々に熱い湯が注ぎ込まれています。奥の浴槽には自由に投入できる水のノズルもあり、その為、やや熱いながら入浴に適した温度となっていました。もう一方の浴槽は水の投入が出来ない為の激熱。熱湯好きも、そうでない人も、好みの浴槽で湯を楽しめる仕組みです。湯は無色透明スッキリサッパリ弱スベスベ浴感。口に含むと前田温泉の薬品味を薄めたような重曹風味。毎日のお風呂にいい感じです。湯の溢れ出しも多く、浴槽から細波のように流れ出る様子は見ているだけで楽しいものがありました。

浴後、お宿の看板息子、猫のゴローに遊んでもらいました。女将さんによるとゴローは現在11kgもあり、以前はもっと太っていたらしい。もう一匹の看板息子モモ(子供の頃にメスと思って名付けた)は逆に何を食べても太らないとの事。
(05年12月)

(まぐぞー)




男性浴室



女性浴室



飲泉用蛇口もある



こちらは向いの旅館部



おデブなゴロー



スリムなモモ


はしご湯のすすめ鹿児島県の温泉